« 昨年の紅白、はっきり言って失敗作! | トップページ | 外国映画を通して異国文化伝え半世紀、『日曜洋画劇場』半世紀の歴史に幕。 »

2017年1月 7日

今更ながら……SMAP解散に思う

平成時代を駆け抜けたジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、SMAPが、昨年12月31日に解散しました。もう解散しましたが、私としてのSMAPに関する思いを書かせていただきます。
SMAPは昭和63年、木村拓哉さん、中居正広さん、香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さん、森且行さんの6人で結成されました。結成当時はまだ高校生(15歳)以下。とりわけ香取さんはまだ11歳、小学生でした。
平成3年には、西武園ゆうえんちがメインスポンサーとなったTV-ASAHIの番組『アイドル共和国』に出演して人気を集め、その後CDデビューしました。
SMAPにとって大きな転機が訪れました。平成8年4月にFUJI-TVとKTV(関西テレビ放送)が共同制作するバラエティ番組『SMAP×SMAP』(以下『スマスマ』といいます)がスタート。そしてまもなく森さんがグループから脱退、オートレーサーに転向しました。
番組のメインとなったのが、毎回多彩なゲストを迎えて送る“BISTRO SMAP”のコーナー。SMAPのメンバーは、一流シェフ、服部幸應師匠から手ほどきを受けた料理の腕前を披露していました。また、5人が演じるコントや、SMAPの歌も楽しめる構成になり、若い女性を中心に幅広く支持されました。
また、SMAPは個人としての活動も活発で、木村さんと草彅さん、稲垣さんが俳優としてドラマに出演したり、中居さんがバラエティ番組の司会やTBSテレビの五輪中継番組のメインキャスターなど司会者として、香取さんも一時期は“香取ママ”として活躍したほか、各個人がラジオ番組を担当、特に木村さんの番組は、全国の県域FM放送で放送されました。
この間、平成10年3月にはFUJI-TVが新宿区河田町から港区台場へ移転、15年12月の東名阪3大都市圏を皮切りに地上デジタルテレビ放送が始まり、23年7月にアナログ放送が終了、そしてテレビの放送方式もNTSC方式からハイビジョンへと変わりました。テレビ放送の構造的変化の中でSMAPは歩んできました。
ところが昨年1月、某週刊誌にSMAP解散危機の記事が載り、それまでSMAPを支えてきた飯島三智チーフマネージャーがジャニーズ事務所を退社する大騒ぎとなり、ジャニーズ事務所が中居・草彅・香取・稲垣の4人を芸能界から干そうという画策に入りました。
そしてリオデジャネイロ五輪さなかの8月14日未明、「12月31日をもってSMAPを解散する」ということが発表されました。この解散騒動を前に、SMAPは5人そろってFNN系列の『FNSうたの夏まつり』など大型音楽番組はおろか、『FNS27時間テレビ』にも出演しなくなりました。
12月26日、『スマスマ』は最終回を午後6時30分からの約4時間50分のスペシャルとして、“BISTRO SMAP”を中心に20年9ヶ月にわたった番組の総集編を中心に放送しました。また番組中にファンからのメッセージをFAXで募集、1万通以上のFAXが寄せられました。そして、午後11時過ぎに、FUJI-TVに残る秘蔵VTRで構成されたSMAPの28年の奇跡が流された後、12月1日に撮り下ろした『世界に一つだけの花』の歌、そしてこれまで番組を通して苦楽をともにしてきたスタッフと一人一人記念撮影をしました。これが、事実上5人そろう最後の機会となりました。大晦日に放送された『第67回NHK紅白歌合戦』にも出演することなく、その頃は都内の飲食店で木村さんを除く4人と元メンバーの森且行さんが集まって食事を共にし、28年間にわたるグループとしての活動にピリオドを打ちました。今後、木村さんはジャニーズ事務所に残るものの、残りの4人が飯島元マネージャーが中心となって新しい芸能事務所を設立して移籍するということも予想されます。
私のSMAPの思い出としては、平成26年、27年と『FNS27時間テレビ』で企画された“SMAPとめちゃイケ芸人との水泳対決”でした。
『スマスマ』最終回スペシャルの中で『世界に一つだけの花』の前に流された“SMAPの28年の奇跡”の中で流れていた、デビューして間もない頃の昭和63年、『第2回ドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会』で、SMAPは放水銃を使って、酒井法子さんや石田ひかりさん、西田ひかるさんなど、当時輝いていた女性アイドル歌手に水をかける係をしていました。それから26年の歳月を経て、SMAPがめちゃイケ芸人と水泳で対決しようという企画が実現しました。2回ともめちゃイケ芸人が勝ち、27年に“本気”をテーマにしたときは、木村さんがバンジージャンプの罰ゲームを受けましたが、生放送で当時と変わらぬ迫力ある真剣勝負の様子が、ハイビジョンのきれいな映像と迫力あるステレオサウンドで伝えられました。これが、FUJI-TVが放送すべき、本格的デジタル放送時代にふさわしいエンタテイメント番組だと、そしてこんな番組がデジタルハイビジョンテレビで見たかった番組だと、私は感じました。
楽曲としてはやはり『世界に一つだけの花』でしたね。もう生で聴く事はできなくなりましたが、嵐など事務所の後輩に歌い継がれてほしいですね。
アナログからデジタルへ、NTSC方式からハイビジョンへ、激変の時代を駆け抜けてきたSMAPの5人。今後、それぞれの道を歩んでいく5人の活躍を期待しましょう。

|

« 昨年の紅白、はっきり言って失敗作! | トップページ | 外国映画を通して異国文化伝え半世紀、『日曜洋画劇場』半世紀の歴史に幕。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72768/64732086

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら……SMAP解散に思う:

« 昨年の紅白、はっきり言って失敗作! | トップページ | 外国映画を通して異国文化伝え半世紀、『日曜洋画劇場』半世紀の歴史に幕。 »