« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月13日

那覇大綱挽とRBC市民フェスティバル

11日の日曜日、沖縄の秋の風物詩となった『第45回那覇大綱挽』と、琉球放送主催の『RBC市民フェスティバル』に行ってきました。
那覇大綱挽を楽しんだ後、ゆいレールで奥武山公園へ移動。昨年、創立60周年の記念すべき年でありながら、猛烈な台風19号の接近で中止を余儀なくされた『RBC市民フェスティバル』が2年ぶりに開催。
今年の『RBC市民フェスティバル』の“RBC王国”ゾーンでは、40年前に創業したプリマートの流れをくみ、平日夕方のニュース番組『RBC THE NEWS』や土曜日午後の情報番組『沖縄BON!』などのスポンサーになっているイオン琉球の協力を得て、イオンの電子マネー“WAON”による決済を実施しました。私もWAONのヘビーユーザーで、毎月20日と30日の“お客様感謝デー”などでWAONによる支払いをし、航空会社のマイルをためて旅行に行くという生活をしています。
“RBC王国”ステージでは夕方6時前から『カラオケグランプリ』の決勝大会が行われました。昨年は、11月23日にイオン南風原店のイベントスクエアで行われ、『沖縄BON!』のチビッコカラオケチャンピオンから勝ち上がった小学生の女の子がグランプリに選ばれ、夏川りみさんに続くちびっ子歌姫の出現と言われました。今年は、応募総数1046組の中から各地の予選を勝ち抜いた12組のファイナリストによる熱唱が繰り広げられ、審査の結果、上江田ゆかりさんがグランプリに、比嘉大樹さんが準グランプリに選ばれました。この『カラオケグランプリ』の模様は、約1時間20分の番組に編集され、イオン琉球がメインスポンサーとなって、11月1日の日曜日、午後2時からRBCテレビで放送される予定です。
前回の開催からの2年間で、放送業界も激変しました。
RBCテレビも、ゴールデンタイム(午後7時~10時)とプライムタイム(午後7時~11時)で県内3局の中でトップをとりました。RBCテレビはもともとJNN(TBS)系列の局ですが、TBSテレビからのネット番組が低調な中、NIHON-TVからのネット番組を午後の時間帯に編成し、加えてOTVがFUJI-TVからのネット番組が低調という追い風に乗ってこのようになったというものです。
そんな中で、昨年11月に放送した創立60周年記念ドキュメンタリー『終われ戦世~証言記録 太平洋を越えて~』は、沖縄戦を住民の視点に加え、日米両国の兵士や米国の県系移民2世の証言などを踏まえて多角的に描き、海外取材も敢行した2時間の番組で、民放連賞テレビ報道番組部門で優秀賞を受賞しました。このほか、プロバスケットボール沖縄ゴールデンキングスの試合中継など、地域のスポーツ中継も精力的に放送しています。今年3月、月曜夜8時枠で放送されていた『月曜ミステリーシアター』が終了、同番組のメインスポンサーのパナソニックを始め、提供スポンサー各社がすべて撤退したことにより、“家電の王様・娯楽の王様”としてのテレビの時代が終わり、東京キー局の番組で食っていけなくなり、ローカルでの充実が課題となっています。
一方、ラジオでは中波放送のFM再送信、いわゆる“ワイドFM”について局員と話をしました。中波の放送局が災害のために本来の送信所が使えなくなったときに、また夜間の混信対策として、FM波で補完することと、中波放送で技術的に継続が難しくなってサービスが継続できなくなったステレオサウンドによる放送をFM波で提供することを目的に始まった制度で、昨年の12月に愛媛県と富山県、今年1月に鹿児島県、今年10月に愛知県で放送が始まっており、今年12月には首都圏のTBSラジオなど3局が、さらに来年春には関西圏のMBSラジオやABCラジオなど3局が、90~95メガヘルツ帯で放送を開始する予定です。“ワイドFM”は、中波の補完を目的とした中継局で、中波とFMで同じ番組・CMを放送します。RBCラジオとラジオ沖縄は、本島地方をサービスエリアとする中波放送の他、本島北部(名護・国頭)と離島(宮古・八重山・大東)は7カ所のFM中継局で放送していますが、本島中南部で“ワイドFM”を開局するかは現時点では検討中だそうです。もし開局すると、現在モノラル放送となっている本島北部、離島を含め、県内全域でFMステレオ放送ができるようになります。FM沖縄やコミュニティFMを含めて、競争がますます激しくなるという副作用も伴います。
『カラオケグランプリ』の終了後、「キー局で食えなくなった分、ローカルで勝負しないといけませんよ!」と局員に気合いを入れ、陸上競技場から打ち上がる花火を背に、会場を後にしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »