« 100年目の夏の高校野球、優勝は東海大相模高校! | トップページ | 大丈夫?新国立競技場問題に続き、今度はエンブレム問題? »

2015年8月25日

国際通り最後のゲームセンター閉店

Sany0311

23日に営業を終了したゲームセンター“夢咲創庫国際通り店”。那覇市の目抜き通り、国際通りからゲームセンターのともしびが消えた。(筆者撮影)

国際通り、むつみ橋本通りの一角で営業していた、国際通り唯一のゲームセンター、夢咲創庫国際通り店が23日、最後の営業を終え閉店しました。同店の閉店で、国際通りからゲームセンターが姿を消すことになります。
3年前に旧沖縄三越、現在のHAPINAHAの斜め向かいにあった老舗ゲームセンター、“ゲームインナハ”が閉店し、焼き肉店に模様替えしたあと、がんばって営業を続けてきました。修学旅行生がプリクラを撮影しに入店することもありました。
小生も仕事帰りに、このお店に立ち寄り、麻雀ゲームをやっていました。
しかし昨年、消費税が5%から8%に引き上げられ、ゲーム代金に消費税を転嫁するのが難しくなり、加えて通信データをやりとりするためのインターネット通信費もかかり、加えてスマートフォンやタブレットなどの携帯端末が普及したり、新都心など郊外のショッピングセンターに客が流れていき、店の経営を圧迫していました。
このため、1階と2階で営業していたのを1階に集約して2階を別のテナントに貸し出し、営業時間も夜間の営業終了時間を深夜0時から午後10時に繰り上げたりするなど、店の営業を維持してきましたが、ついに営業が維持できなくなり、きのうをもって閉店となりました。ここで稼働していたゲーム機は、首里りうぼう内のゲームコーナーや、豊見城市根差部のマックスバリュとよみ内のゲームコーナーに移動するといいます。
国際通り界隈では、むつみ橋三差路の一角にあるドン・キホーテが中国人観光客などで賑わっている一方、57年間続いた沖縄三越がHAPINAHAに変わり、これも再来年の6月までの営業です。そのとなりにあった那覇タワーも取り壊しが進み、19階建ての難しい工事も、7階部分まで進みました。
奇跡の1マイルといわれ、戦後の那覇の復興のシンボルといわれている、那覇市のメインストリート、国際通り。その国際通りから、また一つ灯火が消えました。

|

« 100年目の夏の高校野球、優勝は東海大相模高校! | トップページ | 大丈夫?新国立競技場問題に続き、今度はエンブレム問題? »

コメント

久々に遊ぼうかなと思っていってみたらドラッグストアに変わっていました。
他のお店よりもプレイ料金が安かったのでよく利用していたのですが、残念です。

投稿: 雄介 | 2015年11月14日 午後 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72768/62150334

この記事へのトラックバック一覧です: 国際通り最後のゲームセンター閉店:

« 100年目の夏の高校野球、優勝は東海大相模高校! | トップページ | 大丈夫?新国立競技場問題に続き、今度はエンブレム問題? »