« ついに登場!那覇空港-運天港間の高速路線バス | トップページ | 2014年最初の投稿も『紅白』の感想から »

2013年7月 7日

いよいよ始まった参院選!でも忘れていけない“もう一つの争点”とは?

 この夏最大の政治決戦である『第23回参議院議員通常選挙』が4日に公示され、沖縄県選挙区では、沖縄のローカル政党、沖縄社会大衆党公認で現職の糸数慶子さん(社民党・共産党・生活の党・みどりの風推薦)に、自民党公認の安里政晃さん(公明党推薦)など3人が挑むことになりました。
 今回の参院選・沖縄選挙区では、民主党が米軍普天間基地の名護市辺野古への移転問題をめぐり、沖縄県連が反対なのに、中央で推進の方針であり、これでは選挙に勝てないということで、候補者を出しませんでした。また、比例代表区から選出され今回改選の対象となる、沖縄県連代表の喜納昌吉さんも、立候補を断念しました。このため、民主党では沖縄選挙区では自主投票、比例代表区では各労働組合が指定する候補者か、民主党の名前で投票することになります。すなわち、民主党は沖縄選挙区で不戦敗ということになります。
 今回の参議院議員選挙では、昨年12月の衆院選で圧勝した自民・公明連立政権が、非改選を含めて過半数に達し、いわゆる“ねじれ”の状況にピリオドを打てるか、それとも野党が過半数を阻止できるかが問われており、争点も、安倍内閣が推進した経済政策“アベノミクス”に対する評価、農業に大きな影響を与えるTPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加の是非、日本国憲法を改正すべきか、など、多岐にわたります。
 そしてもう一つ忘れていけない争点に、児童ポルノの単純所持を禁止するための“児童買春・児童ポルノ禁止法”改正問題を加えるべきです。5月29日に自民党、公明党、日本維新の会の3党は共同で提出しているこの改正案は、児童ポルノを麻薬・覚醒剤同様単純所持を禁止するとともに、法改正から3年以内に、漫画やアニメなどの創作物についても、児童ポルノに該当するものについて取り締まれるかどうかの調査研究を行うという、厳しい内容になっています。すでに、出版業界や芸能界などから「言論・表現の自由を厳しく制限する法律だ」と反対声明が出ています。6月26日の通常国会最終日、一部の野党から参議院に提出された安倍内閣に対する問責決議案が可決され、電気事業法改正案などの重要法案が廃案となりましたが、児童ポルノ禁止法改正案は衆議院法務委員会で“継続審議”の手続きがとられ廃案は逃れました。参院選後の臨時国会で、抵抗する勢力を押し切って、容易に成立させたい考えだと思われます。今回の選挙で、自民・公明連立政権が、非改選を含めて過半数を確保し、数の力で児童ポルノ禁止法改正案が成立されれば、児童ポルノの取り締まりと称して、警察当局による検閲の強化がなされるなど、言論・表現の自由が厳しく制限されます。また、児童ポルノの定義の中に「衣服の全部または一部を着けない児童の姿態で性欲を興奮させるものの姿態」とあり、これが曖昧な定義であり、宮沢りえさんや栗山千明さんなど、18歳未満だったときに撮影されたヌード写真集も、麻薬・覚醒剤同様単純所持が禁止されることになります。
 アベノミクスによって円安・株高が進み、物価が上がった。なのに賃金は上がらない。………となげくよりも、こうした言論・表現の自由を厳しく制限する悪法をゆるしてしまうのか、これも争点として考えてほしいと思います。
 6月23日に行われた東京都議選では、投票率が低くなり、多くの都民が民主党の政権運営に不満を抱き、民主党以外に投票する候補者が少ないために棄権し、その結果、民主党が惨敗し、自民・公明両党が公認した候補者をすべて当選させてしまいました。貴重な1票、棄権すれば大多数政党の暴走を許してしまい、国民生活がますますひどくなっていくことも懸念されます。貴重な1票です。投票に行きましょう。
 『第23回参議院議員通常選挙』の投票は、2週間後の今月21日です。即日開票されます。ちなみに那覇市では市議会議員選挙も同時に行われます。

|

« ついに登場!那覇空港-運天港間の高速路線バス | トップページ | 2014年最初の投稿も『紅白』の感想から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72768/57739331

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ始まった参院選!でも忘れていけない“もう一つの争点”とは?:

« ついに登場!那覇空港-運天港間の高速路線バス | トップページ | 2014年最初の投稿も『紅白』の感想から »