« 球春は沖縄から-2013プロ野球キャンプイン | トップページ | ついに登場!那覇空港-運天港間の高速路線バス »

2013年2月 5日

全国を巡業するサーカス団の“宿命”とは?

Sany0098
豊見城市豊崎の特設会場で行われてきた『木下大サーカス』の特設会場(筆者撮影)
昨年の12月1日から豊見城市豊崎の特設会場で行われてきた『木下大サーカス』の沖縄県豊見城市での公演が3日、55日間にわたる全ての公演を終了しました。
今回の『木下大サーカス』沖縄公演は、琉球新報社が今年9月15日に創刊120周年を迎えるのを記念して行われたもので、平成16年12月~平成17年2月にかけて那覇市おもろまちの特設会場での開催以来、8年ぶり通算5度目の沖縄公演でした。
私も福祉施設に身を置くものとして、このサーカス公演を拝見させて頂きましたが、空中アクロバットからシマウマ・キリンを使ったサファリスペクタクル、ホワイトライオンのショー、迫力のあるバイクを使った「世紀のオートバイショー」、そして鍛え上げられたパフォーマーによるサーカスのメインイベント、空中ブランコショー、そして演目の合間にコミカルな芸を披露してくれるピエロなど、そのすべてが洗練された技であり、見る者を魅了させました。
私は福祉施設の招待ということで平日に観覧しましたが、午前11時と午後1時40分の2回の公演とも、2000人ほど入れるサーカステントは満員となる状況でした。サーカス公演事務局の話によりますと、土曜・休日はさらに混雑したため、平日の参観を呼びかけたほどでした。55日間の総入場者数は248,467人を動員しました。
ところで、ロシア『ボリショイサーカス』、米国『リングリングサーカス』と並ぶ世界3大サーカスの一つである『木下大サーカス』ですが、その実態は2~3ヵ月ごとに日本全国を転々とする、旅芸人でもあるのです。
赤い巨大なサーカステントの裏側には、ショーに登場する8頭のホワイトライオンをはじめ、キリン、シマウマ、象の飼育小屋や、サーカスに出演したり、公演を支える団員が住むコンテナハウスがあります。
Sany0094
会場の裏側にある団員たちの仮設住居(筆者撮影)
『木下大サーカス』の団員は、平日は1日2回、土曜・休日は1日3回の公演をこなします。時には大口の団体客を目的とした貸切公演や、入りきれない客に応じて追加公演も行うこともあります。団員は出番のない時間帯でも、裏方として準備から片付けまで、パフォーマーの演技を支えています。また、売店の営業や観客の誘導なども行います。さらに夜間はさらなる芸に磨きをかけるための練習や、筋力トレーニングを行います。
サーカス公演は木曜日が休日です(週によって水曜日も休演することもあります)。この日、団員たちは特設会場近くのショッピングセンターで買い物をしたり、観光地へ行ったりして、思い思いの休日を楽しんでいたと思います。
2月3日、沖縄公演の最終日。日曜日のこの日も会場に入りきれないほどの観客が豊見城市豊崎にある特設会場に詰めかけていました。最後の公演が終わり、観客が会場を後にした後、直ちに特設会場の撤去作業に取りかかりました。テントの中ではリングステージや観客席などの撤去作業に取りかかりました。
きのう、『木下大サーカス』の看板である赤い巨大サーカステントが撤去されました。次の公演地で再び設営できるようにして、コンテナの中に納めます。このほか、このサーカステント周辺を取り囲む、売店や団員が住むコンテナハウス、サーカスに出演するホワイトライオンなどの動物を収めたオリなど、昨年11月末に設営した設備を全て、次の会場地へ移動しなければなりません。その数、大型コンテナ50個相当。きのうは、豊崎から安謝新港まで、『木下大サーカス』関連の大型コンテナを乗せた大型トレーラーが、臨港道路を頻繁に行き来していたのが目立ちました。近年では旅客と宅配便は航空輸送が主流となっていますが、このような大量の大型貨物は、船舶輸送となります。しかし、本土と沖縄を結ぶ航路を運航する海運会社のうち、琉球海運は、7年前に旅客輸送から撤退して貨物専業となっているため、旅客を輸送できるマルエーフェリーを使います。もちろん、団員もフェリーで移動です。
『木下大サーカス』には、約50名の団員がいますが、団員の中には、団員同士結婚して、子連れで巡業している団員もいます。
その中の一人、「沖縄は住みたいぐらい大好きな場所で、お客さんの反応も良かった。2カ月はあっという間だった。」と名残惜しそうに話すのは、サーカスのメインイベント、空中ブランコのパフォーマーである児島正実助監督(39)。19年前、冒頭の青竹渡りバランスショーのパフォーマーである、5歳年上の江痢子夫人(44)と職場結婚。2人の間に生まれたのが児島朱音(あかね)ちゃん(14)です。8年前の那覇市での公演の時は幼稚園生だった朱音ちゃんも、中学生となって再び沖縄にやってきました。この2ヶ月間、豊見城市立伊良波中学校の2年生として学校生活を送ってきました。
Img010
児島朱音ちゃんと母の江痢子さん(琉球新報から転載)
幼い頃から両親とともに公演先をめぐり、2~3ヵ月ごとに転校を繰り返す朱音ちゃん。豊見城市での公演も終わり、きのうが伊良波中学校への最後の登校となりました。12日から、次の公演地、横浜市内の中学校に転校、横浜で中学3年生になります。
朱音ちゃん、暖かい沖縄・豊見城での思い出はいっぱいできましたか?
大人になったらまた沖縄に来てね!
明治35年(1902年)に中国・大連市で旗揚げして以来、110年の歴史を歩み、伝統を受け継ぎながら世界一のサーカスを目指して日々精進していく『木下大サーカス』。夢がいっぱいつまった赤い巨大サーカステントの裏には、2~3ヵ月ごとに全国各地を移動していく“旅芸人”としての宿命を感じました。
『木下大サーカス』一座はきょう午後2時、安謝新港発東京・有明埠頭行きのマルエーフェリーで沖縄を後にしました。次の公演地は横浜市・桜木町駅近くの特設会場で17日開幕です。『木下大サーカス』団員の皆様の今後の御活躍を期待しましょう!

|

« 球春は沖縄から-2013プロ野球キャンプイン | トップページ | ついに登場!那覇空港-運天港間の高速路線バス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72768/56705937

この記事へのトラックバック一覧です: 全国を巡業するサーカス団の“宿命”とは?:

» 懐かしいサーカスの記事を見て [Heart Revolution]
ロシア『ボリショイサーカス』、米国『リングリングサーカス』と並ぶ世界3大サーカスの一つである『木下大サーカス』とありますが、へーそうなんだと。日本もこの分野で3本の指に入るのかが意外でした!←沖縄巡業中の木下大サーカス... [続きを読む]

受信: 2013年2月 6日 午前 10時05分

« 球春は沖縄から-2013プロ野球キャンプイン | トップページ | ついに登場!那覇空港-運天港間の高速路線バス »