« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月 9日

NHK「大相撲名古屋場所は幕内取組のダイジェスト版だけにします」

NHKの福地茂雄会長は、7月11日から25日まで、愛知県体育館で開催される『大相撲名古屋場所』について、生放送は行わず、全取組終了後の午後6時台に総合テレビと衛星第2テレビ(BS2ch)で幕内取組のダイジェストを放送することを決定しました。
NHKではラジオでは昭和3年から、テレビではアナログテレビ放送が始まった昭和28年から、大相撲の生中継を行ってきました。また、ハイビジョンの実験放送や実用化試験放送でも、大相撲の生中継を行ってきました。さらにワールド国際放送のラジオとテレビで、日本の古典スポーツ文化としての大相撲を全世界に伝えてきました。大相撲もまた、テレビ放送の歴史と共に歩んできたのです。
しかし、昨年の名古屋場所に、向正面のたまり席(維持員席といわれ、原則として維持員以外は使用できません。)に暴力団幹部らがすわり、これがNHKの相撲中継の画面に映ることで、獄中の組関係者に存在を誇示していたことが発覚、そして大関・琴光喜関や元関脇・貴闘力の大嶽親方などが、野球賭博に関わるなど、不祥事が相次ぎ、受信料を払っている視聴者から「名古屋場所はテレビ中継しないで」「やくざと関わっている力士の相撲は観たくない」という声が多かったことから、名古屋場所の生中継をせず、代わりに午後6時台に幕内取組のダイジェストを放送することにしました。また、ラジオでも相撲中継は行わず、午後6時台のニュースや午後7時からの『きょうのニュース』、午後10時からの『NHKジャーナル』で結果を伝えるのみにとどめます。
福地会長は6日、『NHK歌謡コンサート』終了後の午後8:43からの広報ミニ番組に生出演し、視聴者に対し経緯を説明し理解を求めました。
大相撲のテレビでの放送が中止されるのは、あと1年でアナログ方式での放送終了と完全デジタル化という歴史の節目を迎えるテレビジョン放送の歴史の上でもこれが初めてです。
今回のNHK・福地会長の決断は、「やくざと関わっている力士の相撲は観たくない」という声と、「一連の不祥事を乗り越え、ひたむきに頑張っている力士達の姿を見たい。」という声の両方に対応したものだと思います。
NHKのテレビ中継取りやめだけではすまされません。幕内の取組で勝った力士への懸賞金を出すスポンサーも撤退続出、約60年続いてきた呼び出しの着物広告も、契約してきた7社すべてが引き揚げ、さらには幕内最高優勝力士への表彰も協会からの優勝旗と賞金1000万円だけとなり、天皇賜杯も授与されないばかりか、次の秋場所の前日の両国国技館での優勝額の掲額についても未定だそうです。一連の不祥事で、波及する損失額は数十億円に及ぶといわれています。横綱・白鵬関も「自分たちの手で国技をつぶすつもりなのか」と不満をぶちあげています。
福地会長は、NHKに受信料を払っている国民の、また、全世界の相撲ファンの立場から、テレビ史上初の今回の決定を下し、日本相撲協会に対し、『100年に一度の危機』という緊張感を持って、まったなしの改革に取り組むこと、とりわけ、『ガバナンスに関する委員会』が早急に具体的な改革案を取りまとめることを要請しました。
お年寄り(福地会長もその一人ですが)や全世界の相撲ファンの楽しみを奪ったり、十両以下取組の放送はなくなり、若い力士から晴れ姿を郷土に届ける希望も奪われるなど“痛み”は伴いますが、十両以上の関取だけで9名も野球賭博で謹慎休場(このうち琴光喜は解雇)を出している以上、また不祥事を受けた改革が甘いと福地会長が判断した以上、NHKのテレビ中継取りやめは当然だと思います。こうした事態となったのは日本相撲協会にすべて責任があります。
半世紀あまりにわたるテレビ放送の歴史を支えてきた大相撲。平成元年の実験放送開始に始まるハイビジョン放送でも、大相撲はその主役として位置づけられてきました。来年7月、58年間にわたるアナログテレビ放送がその歴史を終え、7年前に東名阪3大都市圏で始まったデジタルテレビ放送に、日本の伝統スポーツ文化の象徴である大相撲の発展の役割が引き継がれようとしている、その1年前に、日本の放送文化を支えてきた日本相撲協会が、暴力団等反社会的勢力集団と関わってきたということは、受信料を払っている国民により厳しく糾弾すべきだと思います。
かつてNHKは、そのシンボライズ的な音楽番組『紅白歌合戦』のプロデューサーが、番組制作費の不正流用という、受信料を食い物にした事件、また、職員が株のインサイダー取引をする事件も起こし、2度も『水戸黄門』の“葵の紋所”を突きつけられました。そのNHKは、福地会長のもとで“いつでも、どこでも、もっと身近にNHK”をスローガンに様々な改革に取り組み、視聴者に愛されるNHKになりつつあります。
今度は、アナログテレビ放送開始以来、NHKで大相撲本場所を放送してもらっている日本相撲協会に対し、“葵の紋所”が突きつけられました。そして、受信料を払っている国民の代弁者として「暴力団等反社会的勢力集団と関わることは、言語道断!」と、相撲協会幹部にきついお灸を据えたのです。そしてテレビ史上初の“生放送中止”の厳罰を下したのでした。
テレビ放送の歴史、大相撲の歴史、双方の歴史に大きな汚点を残し、また、幕内優勝力士の表彰も優勝旗の授与だけになるなど、異例ずくめの場所となった大相撲名古屋場所。残った力士・親方・スタッフの皆様には、今回の野球賭博事件のショックを乗り越え、国技を背負う者の責任を全うすべく、最後まで場所を勤められるよう希望します。
そして、私としては、現在謹慎中の武蔵川理事長は、名古屋場所の終了(同時に謹慎解除)と同時に、理事長職を辞任すべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日

明日からアナログ放送は16:9のレターボックスサイズになります。

平成15年12月に東名阪3大都市圏で始まった『アナログからデジタルへのテレビ放送世代わり』ですが、来年7月のアナログ放送停波・完全デジタル化へ向け、いよいよ最終段階を迎えます。
各放送局とも、ハイビジョンによる番組制作を行っていますが、これまではアナログ放送の4:3の画角に対応(すなわち画面の左右をカットする)した作り方をしてきました。
Vlcsnap2009120609h24m17s24
アナログ放送
Vlcsnap2009120609h23m05s68
デジタル放送
1
(画面は昨年12月のRBCテレビ『第25回NAHAマラソン』より)
すでにNHK、民放各局では、一部の娯楽・スポーツ番組で16:9の方式での制作とし、アナログ放送では画面の上下に黒帯が入る“レターボックスサイズ”で放送するようになりました。(現在熱戦が繰り広げられている『ワールドカップサッカー・南アフリカ2010』も、16:9で放送しています)
あす7月5日の早朝からは、最後まで4:3に対応してきたニュースなどの情報番組も含め、すべての番組を16:9の方式での制作とし、“レターボックスサイズ”で放送するようになりました。
すでに16:9で放送されている番組では、アナログ放送では下の画像のように、アナログ放送が来年7月に終わることや、総務省地デジコールセンターの電話番号が、番組の冒頭30秒間表示されています。(局によって形式は異なります。また、NHKでは今のところ平日午後1:05からの『スタジオパークからこんにちは』で行う以外はメッセージは表示していません。)
2
今のところ、画面左上の時刻表示は、黒帯をまたいで表示されていますが、7月5日からは画面の中に入れ、サイズも小さくして表示されることになるでしょう。
コマーシャルは、現在4:3で制作しているものは4:3で放送されていますが、いずれは今までよりさらに小さいサイズになるでしょう。
3
(画像は化粧品のCMに出演した倉木麻衣さんのイメージです)
提供クレジットで、30秒スポンサーについては、16:9のワイドサイズの特性を生かして、下の画像のように2段組での表示になるでしょう。
4
5
このほか、黒帯部分のメッセージも、回数や1回の時間を増やします。そしてさらに時期を見て、メッセージを常時表示することになります。また、朝・昼・夕方の時刻表示も、アナログ放送で取りやめとする局も出てくるでしょう。
7年前に先行してデジタル放送が始まったにもかかわらず、南関東地方などのように、アパートやマンションなどの集合住宅を中心に、地デジ対策が遅れている(県域UHF局用とは別に東京キー局受信用のUHFアンテナが必要です)地域もあります。NHK・民放各局では、こうした取り組みにより、早めにデジタル受信機器の準備を促す方針です。
その全番組レターボックス化に先立ち、きょう午後5:59から1分間、NHK・民放各局のすべてで『全国一斉地デジ化テスト』が一斉に放送されます。この番組ではアナログ・デジタル別々の内容となり、アナログ放送では約20秒間、電波が止まった“砂嵐”のイメージを映し出されるとともに、あすからの全番組レターボックス化についても併せてお知らせし、NHKの鈴木菜穂子アナウンサーと民放キー局の女子アナ代表が、早めにデジタル受信機器を準備するよう呼びかけます。また、NHK総合テレビでは午後5:51からその“前座番組”(?)として、現在放送中の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』に出演中の松下奈緒さんと向井理さんの主演によるデジタル放送普及ミニドラマ『いちごとせんべい』を放送します。老舗のせんべい屋を舞台にした“もう一つの心温まる夫婦の物語”、この番組をアナログ放送で見ると、番組終了後に“重要なお知らせ”があります。

おまけとして、私が作った『アナログ放送終了告知スポット』も載せておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日

サッカー日本代表チームの皆さん、ありがとう。

南アフリカで開催中の『2010ワールドカップサッカー南アフリカ大会』の決勝トーナメント1回戦『日本VSパラグアイ』戦が日本時間の6月29日の深夜にプレトリア市で行われ、日本は0-0で延長戦を含む120分間でも決着がつかずPK戦に持ち込まれ、駒野友一選手がPKをはずし3-5でやぶれ、史上初の8強入りはなりませんでした。
大会前、日本代表チームはどん底に低迷しました。
2月に行われた東アジアサッカー選手権で、日本は中国・韓国・台湾を相手に1勝1分け1敗の3位に終わりました。このころから日本代表チームの人気は低迷、代表戦の観客動員も、テレビ中継の視聴率も低迷していました。
大会直前の国際強化試合でも、日本国内で韓国に0-2で敗れ、事前合宿地のオーストリアでも連敗続き。岡田監督への批判は厳しくなりました。
しかし、予選リーグ初戦の対カメルーン戦で、本田圭祐選手がゴールを決めたところから、日本代表チームの底力が始まりました。対オランダ戦では0-1で敗れたものの強豪・オランダに互角の勝負を演じました。そして対デンマーク戦で、前半に本田、そして遠藤の芸術的なフリーキックがゴールネットにつきささり、日本は平成14年の日韓大会以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決め、全世界に日本のサッカーを見せ付けました。
そして29日の決勝トーナメント1回戦、日本は、パラグアイを相手に激しい攻防戦を繰り広げ、延長戦を含めて120分にわたる“プレトリアの死闘”を繰り広げました。延長でも決着がつかず、今大会初のPK戦へ。最後はPK戦で駒野選手がPKをはずし、パラグアイの5人目の選手が決めた瞬間、“SAMURAI BLUE”の23人は力尽き、日本の2010年W杯は終わりました。
TBSテレビが放送した『日本VSパラグアイ』戦は、午後10:40から翌日の午前2:00までの放送にもかかわらず、最近のNHK『紅白歌合戦』でもとれない57.6%の視聴率を記録、前半ロスタイムに入ったころには64.9%にまで達しました。日本代表チームの“結束力”を象徴するように、夜遅い時間にもかかわらず、日本中が青いユニフォームに身を包んだ“サムライ・ニッポン”への声援を送りました。
今回の日本代表チームの活躍は、外国メディアも絶賛しました。
サッカーの本場である欧州でも、デンマークを圧倒した日本は大きな話題となりました。
英国国内で実況中継した「BBC放送」は岡崎の駄目押し弾を「傑出したプレー」と絶賛していました。国営イタリア放送は日本の決勝トーナメント進出を「驚き」と報じました。フランスのスポーツ紙「レキップ」(電子版)は柔道の「一本勝ち」に例えて完勝とたたえ、「日本、イッポン」と見出しを掲げ、「守備は堅固で、攻撃は魅力的だった。幸運に恵まれての勝利ではない。チームの活力は完全にデンマークを圧倒していた」と評価しました。
また元ドイツ代表のゴールキーパー、カーン氏はドイツの公共放送「ZDF」で「日本のサッカーは急成長している。日本は強かった」と指摘しました。
デンマークの民放テレビTV2は「日本からやってきた青いサムライの刀がデンマークの夢を切り裂いた」と報じました。
欧州以外でも取り上げられ、開催国、南アフリカの「国営南ア放送協会」(電子版)は岡崎のゴールを、「圧倒的勝利を決定付け、デンマークを1次リーグ敗退に追いやった」。
ブラジルの民放テレビ局「グロボ」は「日本は大きな進化を遂げている。日本サッカーのルーツは元日本代表監督のジーコ氏にある」と母国の英雄が残した功績にも触れ、「日本の質の高さを示した」とまぐれではないことを強調しました。
韓国紙「朝鮮日報」(電子版)は「接戦あるいはデンマークがやや優勢との予想を覆し、強力なプレッシャーと持ち味のパスワークを生かして攻略した」と分析し、日本の決勝トーナメント進出を速報しました。
大会直前まで、国際強化試合で連敗を喫しながらも、レギュラー・控え・スタッフ、チーム全体の“結束力”で、日本代表チームはベスト16まで勝ちあがってきました。残念ながらPK戦の末パラグアイに敗れベスト8進出はなりませんでしたが、対デンマーク戦での本田・遠藤両選手のフリーキックからのゴールなど、日本代表チームの23人は、南アフリカの地で日本のサッカーを見せ付けてくれました。
南アフリカの地での“SAMURAI BLUE”23人の活躍が、これからの日本サッカー(特にJリーグ)の人気復活につながることを、また、平成26年の次回ブラジル大会でも本大会に出場できることを、願ってやみません。
“サムライ・ニッポン”のみなさん、感動をありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »