« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月21日

“秋葉原歩行者天国”関連アンケート結果発表!

このブログで行った“秋葉原歩行者天国”関連アンケートの結果がまとまりましたので、報告します。
Q1.「6月8日に東京・秋葉原の歩行者天国で発生した通り魔殺人事件を受け、東京・秋葉原の歩行者天国が現在休止となっています。秋葉原の歩行者天国について、どのくらいの期間中止して復活させるべきだと思いますか?それとも廃止すべきだと思いますか?」については、
1
「殺害された被害者の四十九日が明けるまでは休止すべき」という回答が7票と多く、「最低でも半年間(11月まで)休止すべき」が3票、「最低でも1年間(来年5月まで)休止すべき」が2票ありました。「歩行者天国そのものを廃止すべき」という回答は1票にとどまりました。
6月8日に東京・秋葉原の歩行者天国で発生した通り魔殺人事件で殺害された被害者の四十九日が、27日に明け、これを受けて千代田区は28日の朝、現場交差点に設置していた献花台を撤去しました。撤去に際し、千代田区の石川雅己区長や地元町会関係者ら約60人が黙とう、白い菊の花をささげ、亡くなった被害者の冥福を祈りました。設置されていた献花台にはこれまでにおよそ8,000の花束と11,000本余りの飲み物が供えられたということです。
千代田区の石川区長は歩行者天国の再開について、「お盆明けから関係各所と協議を始める。『憩い、やすらぎを与える場所』という原点に立ち返り、どう在るべきか考えていきたい。」と述べる一方、「結論が出るまでに一定の時間はかかるだろう。」として早期の再開は否定しました。
秋葉原の事件の被害者の忌明けを間近に控えた22日の夜、八王子市の京王八王子駅の構内にある京王八王子ショッピングセンターの9階にある書店でアルバイトをしていた中央大学3年生の斎木愛(さいき・まな)さん(22)が刃物で左胸を刺され死亡する事件がありました。この事件のように、無差別通り魔殺人事件が後を絶ちません。
千代田区の石川区長の発言からも、「安全・安心な街づくりが確保できるまでは歩行者天国の再開はできない。」8月のお盆明けから議論がされることになっていますが、私としては、歩行者天国の再開は早くても事件半年後の12月になるのではと思います。
再開に半年かかることにはなると思いますが、安全対策をしっかりやって再開し、再び秋葉原本来の活気あふれる繁華街が帰ってくることを願います。
Q2.「現在毎週日曜日の日中に行われている那覇市の国際通りのトランジットモールを、祝日などにも拡大すべきだと思いますか?」については、
2
「祝祭日にも拡大すべき」という回答が5票寄せられ、このうちの2票が「さらに土曜日にも拡大すべき」という回答でした。逆に「トランジットモールは廃止すべき」という回答が3票、「わからない・どちらともいえない」が4票ありました。
以前も話したように、那覇市国際通りのトランジットモールは、毎週日曜日の午後0時~6時まで行われており、この時間帯、車両は那覇バスターミナルと那覇新都心地区を結ぶ那覇バスの“牧志新都心線”の小型バスを除き通行できません。歩行者天国と違うのは、この小型バスが通行できるからです。
Sany0102
“牧志新都心線”の小型路線バス(筆者撮影)
国際通りには、観光客のお土産品店を中心に、さまざまな店が軒を連ねています。しかし、日曜日のトランジットモール時間帯には、観光客の姿はあるものの、地元の住民の姿は少なく、また、店の売り上げも少ないという声が多いようです。
しかし、排気ガスや二酸化炭素の排出抑制のためにも、トランジットモールは必要とする市民の理解もあります。
問題は国際通りへのアクセス問題。新川・石嶺方面からの市内線バスは交通規制の対象にならない安里バス停までなら乗り入れはするものの、国道58号線を経由する中部方面からの路線バスはその多くが若松入口を経由し、国道330号バイパスを経由する路線もおもろまち駅前から高架道路を渡り、与儀十字路、開南、県庁南口を経由し、国際通り周辺へは乗り入れません。そのため、バスの利用客から不便・不満の声もあります。これが、国際通りトランジットモールの集客力のネックになっているものと考えられます。
そこで、国際通りのトランジットモールを祝祭日にも拡大し、バス会社側には、路線迂回対応だけではなく、ダイヤ設定や乗り継ぎ割引などで協力できないかと私は考えます。
具体的には、中部方面と那覇バスターミナルを結ぶ路線のダイヤ設定を“平日ダイヤ”“土曜ダイヤ”“日曜・祝日ダイヤ”の3本立てとし、日曜・祝祭日のトランジットモール時間帯には、“若松入口(または開南・県庁南口)経由那覇バスターミナル行き”と“おもろまち駅前広場行き”を交互に運行させます。ただし、名護バスターミナル発となる77番・名護東線と120番・名護西空港線は、全便若松入口経由とし、56番・浦添線は浦西団地東口-おもろまち駅前広場間の運行とします。
3
4
このうち“おもろまち駅前広場行き”について、上之屋一丁目、メディカルセンター、おもろまち駅前広場で、牧志新都心線に乗り継いだ場合に、牧志新都心線の運賃を100円に割り引く制度を導入します。
また、国道58号経由路線はおもろまち駅前広場で、国道330号バイパス経由路線は古島駅前で、沖縄都市モノレールに乗り継いだ場合にも、モノレールの運賃を70円割り引く制度を導入します。
5
このように、バス会社4社も、路線迂回対応だけではなく、ダイヤ設定や乗り継ぎ割引などで協力してもらえなければ、“国際通り商店街の活性化”“排気ガスや二酸化炭素の排出抑制”というトランジットモール導入の意味がなく、“空気のきれいないこいの街・国際通り”へ、多くのお客さんに来てもらえなくなると思います。バス会社4社にも、検討してもらえればと思います。
私のこの考えを先取りした路線があります。那覇バスターミナルと浦添市の経塚駐車場を結ぶ沖縄バスの“87番・てだこ線”です。
Sany0103
沖縄バスの“87番・てだこ線”の車両(浦添市経塚の沖縄バス経塚駐車場で筆者撮影)
6
このバス路線は、浦添市の経塚・前田地区の土地区画整理事業によって住宅や商業施設などの整備が進むことを見越して昨年の12月に新設されたもので、経塚駐車場から浦添高校前、勢理客、泊高橋を経由して那覇バスターミナルへ向う路線です。
7
上の画像のように、平日(土曜日も平日ダイヤです)1日34便あるものの内、国際通り経由は下り4便、上り8便のみで、残る下り30便、上り26便は若松入口経由となります。また、これとは別に第一天久から左折しておもろまち駅前広場へ行く“287番・てだこおもろまち線”が6往復設定されています。
日曜日となりますと、本数は1日13往復に減り、このうち国際通り経由は下り4便、上り3便のみで、トランジットモール時間帯には設定されません。そのかわり、トランジットモール時間帯におもろまち駅前広場行きが5本設定され、この便に乗って上之屋一丁目で降り、向かいの停留所またはメディカルセンターで牧志新都心線・国際通り経由那覇バスターミナル行きに乗り継ぐことができます。日曜日だけでなく、祝祭日も日曜日同様のダイヤで運行されています。
このてだこ線のように、他の国道58号線経由の中部路線でも、ダイヤ設定に工夫を持たせてもらえなければ、トランジットモールの存在がかえって不便を招いているというような受け止め方をすると私は思います。商店街はイベント関連で、バス会社は集客関連で、もっと工夫を凝らしてもらわなければ、トランジットモール導入の意味がなくなってしまうものと、私は考えます。
東京・秋葉原の歩行者天国と、那覇市・国際通りのトランジットモール。両方とも商店街の活性化を目的として導入されていますが、秋葉原の通り魔殺人事件を機に、“商店街の活性化”と安全性をどう両立していくか、活性化への課題を残しました。
最後に、秋葉原の通り魔殺人事件で犠牲になられた皆さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。また、結果発表が遅れたことをお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日

90回目の夏を制したのは、大阪桐蔭高校!

「90回目の記念大会に、強き大阪の野球が復活しました!全員野球の大阪桐蔭高校、17年ぶりの全国制覇です!!」
2日より甲子園球場で熱戦が繰り広げられていた『第90回全国高校野球選手権大会』はきのう、決勝戦が行われ、大阪桐蔭高校が常葉菊川高校を17-0でやぶり優勝しました。平成3年、沖縄水産高校に勝ち初出場初優勝して以来、17年ぶり2度目の優勝です。
おととい、守り合いの末浦添商業高校に勝った常葉菊川ナインでしたが、彼らを待っていたのは、大阪桐蔭高校の強力打線、そしてエース、福島由登投手でした。
常葉菊川はおとといの浦商との準決勝で、2回に9点を取ったものの、そのあとは伊波・山城のバッテリーの前に得点できませんでした。2回の9点にものをいわせて浦商に勝った常葉菊川でしたが、3回以降、伊波翔吾投手に無得点に抑えられたのが、決勝戦でも響きました。
1回表に大阪桐蔭は、奥村翔馬選手が今大会5本目となる満塁本塁打を打ったのを手始めに、常葉菊川の戸狩聡希投手を攻めます。その後も3回、5回とタイムリーで2点を追加、6回にも打者一巡の猛攻で6点、7回には一死一塁から4番萩原が3試合連続、自ら大会3本目の本塁打をライトスタンドへ運び、合わせて21本17点の猛攻を見せました。これに対し、常葉菊川は、福島投手の前に散発5安打。おとといの浦商戦で伊波投手から満塁本塁打を打った前田隆一選手も、6回1死満塁から伊波投手の打球をダイビングキャッチでセカンドライナー・ダブルプレーにした町田友潤選手も、福島投手の前には歯が立ちませんでした。すなわち、浦商戦の3回以降、1点も取れず、そしてきのう、大阪桐蔭・福島投手の前に1点も取れず。前田選手に満塁本塁打を打たれたあとに立ち直り1点も許さなかった伊波投手は、福島投手の完封を後押ししたのです。おとといの3回以降のピッチングが、伊波投手を今大会の最優秀投手の根拠に値するのです。きのうの決勝戦の実況を担当したABCの清水次郎アナウンサーさんも“沖縄の怪腕”と絶賛していました。
試合終了後の閉会式で、日本高野連の脇村会長も、沖縄の浦添商の活躍をたたえました。
90回目を迎えた今年の夏の甲子園は、北京五輪開催のため例年より5日早く、8月2日に開幕、90回記念として埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県の6府県から2校出場し、55校が出場して、17日間の熱闘を繰り広げました。しかし、それでも北京五輪と一部日程が重なり、北京五輪が開幕した9日以降は、NHKのテレビ放送も教育テレビ、またラジオ放送もFMラジオ(モノラル放送)が主となり、まさ、ABCテレビも北京五輪放送のため11日は午後1時以降、また浦添商と慶應義塾高校との準々決勝が行われた15日は終日、高校野球を放送できませんでした。このため、ファンの関心が北京五輪に流れていったという印象もあります。
平成20年8月18日午後4時、バックスクリーン上のファンファーレ隊によるファンファーレが、甲子園に響き、6月14日の沖縄大会開幕から約2ヶ月間にわたって繰り広げられてきた“90回目の高校球児たちの夏”は、幕を閉じました。しかし、地方大会で敗れた学校はすでに、1・2年生で新しいチームを結成して練習に励んでいます。来年春の選抜大会への道となる沖縄県の秋季大会は、9月13日から開幕、“81回目の春の選抜大会”そして“91回目の高校球児たちの夏”への道が、まもなく始まろうとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月18日

浦商ナイン感動をありがとう

『第90回全国高校野球選手権大会』はきのう、甲子園球場で準決勝が行われ、11年ぶりに準決勝まで駒を進めた沖縄県代表の浦添商業高校は、昨年春の選抜大会で優勝した静岡県の常葉菊川高校に9-4で破れ、決勝戦進出はなりませんでした。
浦添商は、2回表に先制の1点を取ったものの、その裏、常葉菊川は、伊東選手の満塁走者一掃の3塁打、その後も満塁にし、前田選手の満塁本塁打で、一挙9点をとりました。
一挙9点を奪われた浦商は3回、二死一二塁から山城選手がレフトオーバーのタイムリーで2点を返し、6回にも山城が2打席連続の2塁打で出塁、5番仲間のヒットで1点、なお無死満塁と攻めますが、伊波選手のセンター前ヒットになるはずのあたりが、セカンド町田の超ファインプレーに阻まれ、追加点には至りませんでした。また、伊波・山城のバッテリーも、7回裏にスクイズを失敗させるなど、両者の守り合いの展開となりました。浦商は3回以降、常葉菊川を無得点に抑え、また、毎回ヒットを打ちましたが、結局、2回裏の9点がものをいい、4-9で常葉菊川に破れ、平成3年の沖縄水産高校以来17年ぶりの県勢の決勝進出はなりませんでした。
浦商ナインの中でも、伊波・山城のバッテリーの活躍は顕著なものがありました。
3回戦の関東第一戦では、3回も盗塁を阻止し、関東第一の機動力野球を封じるなど、全国の高校野球ファンを魅了しました。
17年ぶりの県勢の決勝進出はならなかったとはいえ、春の選抜大会優勝の沖縄尚学、そして浦商。どちらが代表になっても、全国大会で上位まで勝ち進めるほど、沖縄の高校野球のレベルは高くなってきました。きょうの決勝戦では、常葉菊川高校と、17年前、沖縄水産高校をやぶって優勝した大阪桐蔭高校との対戦となりましたが、どちらが優勝しても、伊波翔吾投手は今大会の最優秀投手といえるでしょう。山城一樹捕手もまた、今大会の優秀選手としてその名を加えられることでしょう。
北京五輪の陰に隠れた90回の記念大会で沖縄中をあつくした浦商ナイン。彼らの活躍に、あっぱれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日

旧盆ウークイ、浦添商準決勝進出!

きのう8月15日は旧盆の最終日、ウークイ。本土では8月中旬に固定されているお盆ですが、今年は旧暦でお盆をします。今年は8月13日~15日までです。
最終日の15日の夜には、親戚全員で先祖の御霊に対し、特別なごちそうなどを仏前に供え、深夜には線香を焚いて親戚全員が手を合わせ、家の門前でウチカビ(あの世のお金のことをいいます)をたき、門の近くに供え物を置いて先祖の御霊を送りました。
きのうは、高校野球・浦添商業高校の活躍が旧盆ウークイをさらに盛り上げました。甲子園球場で行われている『第90回全国高校野球選手権大会』、きのうは準々決勝の2試合が行われ、浦商ナインは第2試合で神奈川県の慶應義塾高校と対戦しました。慶應義塾は、戦前に東京にあったときは優勝1回、準優勝1回したという“古豪”でしたが、戦後、神奈川県に移ったあとは、“陸の王者・慶応”とはいえ、200校近くある神奈川県大会さえ突破できなかったこともあり、準々決勝に勝ち進んだのはなんと88年ぶりのことだということです。
試合は、1回に浦商が先制しますが、後に慶応も追いつくという展開で進みました。7回裏、慶応はエース伊波を攻め、2-3と逆転しますが、8回表、四球と安打などで一死一、三塁とし、4番山城一樹の犠飛で同点に追いつき、試合は延長戦へ。
10回表、9番仲里朝樹の三塁打を足掛かりに、2番上地俊樹がスクイズで決勝点を奪い11年ぶりの準決勝進出を決めました。
2年前に八重山商工高校が出場したときも、旧盆のウークイに試合が行われましたが、今回も、テレビの前で先祖の御霊も含め、浦商ナインの熱戦で盛り上がりました。もう、北京五輪はおろか、ウークイどころでもなくなりました。
準決勝はあすの第1試合で、相手はきょうの第1試合、『智辯和歌山VS常葉菊川』の勝者と対戦します。もし、智辯和歌山と当たれば、11年前の雪辱戦ということになり、さらに盛り上がることでしょう。もう、女子マラソンのクライマックスどころか、北島康介選手のラストスイムどころでもなくなるでしょう。
一方、北京でも日本選手が活躍しています。競泳では、北島康介選手が4年前のアテネ五輪に続いて、100m平泳ぎと200m平泳ぎで2冠を達成しました。2大会連続の平泳ぎ2冠は、五輪史上初めての快挙です。北島選手は今大会を最後に現役引退を表明しており、あすの男子800mメドレーリレーが最後のレースとなります。柔道は昨日で全日程を終わりましたが、日本勢は男子では66㎏級の内柴正人選手ときのうの100㎏超級の石井慧選手が金メダルをとったものの、100㎏級の鈴木桂治選手など3人が1回戦で敗れるという惨敗ぶりでした。女子では63㎏級の谷本歩実選手、70㎏級の上野雅恵選手が、アテネ五輪に続き2連覇したものの、78㎏超級の塚本真希選手が決勝戦の残り8秒で中国の選手に背負い投げで一本負けを喫し2連覇ならず、五輪3連覇を目指した48㎏級の谷亮子選手が準決勝で敗れるものの3位決定戦に勝って銅メダルを獲得しました。
このほか、体操男子では中国勢には歯が立たなかったものの、団体総合と個人総合の内村航平選手が銀メダルを獲得、ロンドン五輪への希望をつなぎました。フェンシングの男子フルーレでは、太田雄貴選手が決勝でドイツの選手に敗れたものの、日本選手として初めて銀メダルを獲得、日本のフェンシングの歴史に輝かしい1ページを刻みました。サッカー女子で日本は昨夜の中国との準々決勝に勝ち、メダル獲得のチャンスが広がりました。
その一方で、男子サッカーは米国、ナイジェリア、オランダに3連敗を喫す惨敗ぶり。明朝の女子マラソンに出場予定だった、アテネ五輪金メダルの野口みずき選手が足の肉離れで出場辞退、五輪連覇の夢は不戦敗という形で終わりました。あすこの女子マラソンを“独占生中継!”する某民放テレビ局にとっては、野口選手の不戦敗にショックを隠せず、残る土佐・中村両選手の活躍に期待をかけているようです。
さあ、いよいよ11年前の興奮がよみがえってきます。沖縄県勢の悲願達成まであと2勝です。チバリヨー!浦商ナイン!
さて、ここでアンケートを追加します。
Q3.地上波テレビ放送がアナログからデジタルに世代わりしていく中で、民放各局の総視聴率が低迷しており、各民放キー局5局とも、スポットCMの売り上げが落ち込んでいるようです。今回の北京五輪のテレビ中継の提供CMの売り上げも低調であり、加えてデジタルテレビ中継局の整備にも多額の負担が予想されており、このままでは3年後のアナログ放送終了までに経営破綻しそうなテレビ局が出ることも予想されます。そこで、どこの系列から、3年後のアナログ放送終了までに経営破綻するテレビ局が出ると予想されますか?
・NNN(NIHON-TV)系列
・ANN(TV-ASAHI)系列
・JNN(TBS-TV)系列
・TXN(TV-TOKYO)系列
・FNN(FUJI-TV)系列
・東名阪独立UHFテレビ局
回答はこの6つの中から1つをお選びください。回答の締め切りは北京五輪最終日に当たる8月24日までとします。

【速報】浦添商業高校の準決勝の相手は、常葉菊川高校に決定しました。常葉菊川高校は智辯和歌山高校を13-10で下しました。常葉菊川高校は昨年春の選抜大会で優勝し、近年強豪校に成長している高校です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 9日

おめでとう、大城みさき選手。がんばれ!浦商ナイン。

きょうから北京五輪の競技が本格的に始まりました。
沖縄県出身者として、全競技を通じてただ一人北京五輪に出場している大城みさき選手が、重量挙げ女子48㎏級に登場しました。
大城選手は、島尻郡南風原町の出身。南風原高校時代に重量挙げと出会い、昨年の全日本選手権で五輪代表の座をつかみました。
大城選手は、スナッチ3回目で80㎏を手堅く決め、ジャークでは1回目に92㎏を決め、合計172㎏で8位入賞を果たしました。ジャーク2回目で96㎏を成功したように見えましたが後で判定が覆されたのは残念でした。
同じ女子48㎏級に出場した三宅宏実選手は、スナッチ80㎏を決めたものの、得意のジャーク1回目、105㎏をクリアしたものの、減量に失敗したせいか、2回目、3回目の110㎏を失敗、合計185㎏で6位に終わり、メダル獲得はなりませんでした。
優勝は中国の陳選手で、212㎏の五輪新記録。2位以下に13㎏の大差をつけての優勝でした。3位の台湾の選手は196㎏。三宅選手は11㎏及びませんでした。まさに、世界との差をつくづく感じさせられたのでしょうか。
大城選手は沖縄県の代表としてよく健闘されました。胸を張って沖縄に帰ってほしいと思います。
さあ、あしたは浦添商業ナインが千葉経大附属高校と夏の甲子園の2回戦を戦います。千葉経大附属は沖縄尚学高校が優勝した春の選抜大会でベスト4に残った学校で、昨年の大会で沖縄の興南高校に逆転負けを喫しこの夏、その雪辱を期そうとしています。沖縄尚学、聖望学園、東洋大姫路と、春の選抜ベスト4が相次いで地方大会で敗退した中で唯一甲子園大会に勝ち上がってきただけに厳しい戦いが予想されます。しかし、対飯塚戦で打たせてとるピッチングを実践していれば、勝てる試合だと思われます。北京で大城選手が健闘したのに続いてほしいと思います。チバリヨー!浦商ナイン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日

北京五輪、ついに開幕!北京五輪と高校野球、どちらに関心ある?

『第29回オリンピック競技大会』(以下“北京五輪”といいます)が、今夜開幕しました。
アジアで20年ぶり、3回目となるオリンピック、今年に入って、チベット問題や殺虫剤入り餃子事件などがあった中できょうの開幕を迎えました。
現在、国家体育場で開会式が行われており、中国を代表する映画監督のチャン・イーモウ氏の演出により、中国5000年の歴史と文化を紹介する壮大なスケールのショーが上演されたあと、選手団が入場し、最後に4ヶ月間にわたりチベット問題などによる混乱の中で全世界を駆け抜けた聖火が、聖火台にともされ(聖火の点火は深夜0:30ごろになります)、17日間の熱戦の幕を開けます。
あすから競技が始まり、あすは大城みさき、三宅宏美両選手が出場する重量挙げ女子48㎏級や、五輪3連覇に挑む谷亮子選手が出場する柔道女子48㎏級、そして体操や競泳などの種目が行われます。
ところで、この北京五輪開催のために、今年で90回目を迎えた『全国高校野球選手権大会』は、例年より5日早めて8月2日に開幕しました。しかも今年は第90回記念ということで、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県の6府県が2校出場となり、計55校が出場するため、開催期間も17日間に延びました。そのため、会期の10日間は北京五輪と重なってしまいました。北京五輪(BS1)も高校野球(総合・教育テレビ)も“ぜんぶやる”NHKでは、五輪開幕後は基本的に、総合テレビでは『北京五輪』、教育テレビでは『高校野球』という編成になるということです。(ただし、18日に行われる予定の決勝戦は、総合テレビで放送する予定です。)このため、毎週日曜日に放送されている囲碁・将棋の番組も、10日と17日は休みとなります。
そこでこのブログをご覧の皆様にアンケート。質問は2つ用意しました。
Q1.北京五輪と高校野球、どちらに関心がありますか?
・北京五輪
・高校野球
・両方に関心がある
・両方とも関心はない
Q2.北京五輪はNHKと民間放送で構成する“ジャパンコンソージアム”が放送権を持ち、NHKと民放キー局5局で手分けされて放送されます。民放で放送される競技はNHKBS1でも放送されます。もし、あなたがテレビで北京五輪を見るとしたら主としてどちらでご覧になりますか?
・NHK総合テレビ
・NHKBS1
・地上波民放テレビ
・民放系BS局
・北京五輪テレビ中継は見ない
回答は用意した選択肢の中から1つをお選びください。回答の締め切りは北京五輪第16日目となる8月23日までとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »