« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日

“タスポ”即日発行イベント開催中!

未成年者の喫煙防止策の一環として日本たばこ協会をはじめ業界団体が導入した、非接触型ICカードによる年齢識別システム“タスポ”。3月に鹿児島県と宮崎県で先行稼働したのを皮切りに、全国各地で順次稼働してきましたが、ついに7月1日、最後まで残っていた関東地方と山梨県、沖縄県でも“タスポ”のシステムが稼働します。これにより、7月1日以降、全国すべてのたばこ自動販売機では、タスポカードがなければ、たばこを買うことができません。
日本たばこ協会の話では、6月14日時点でタスポの発行枚数は574万579枚。喫煙人口は約2600万人とみられ、普及率は4人に1枚未満といわれています。理由として、カードの申し込みに際し、顔写真や身分証明書のコピーが必要であり、郵送で申し込んでからカードが届くのに2~3週間もしくはそれ以上かかり、手続きが煩雑というのが足かせになっています。
このため、“タスポ”を導入した業界団体では、全国各地のスーパーなどの大型小売店で、“タスポ”カードの申し込みイベントを開き、カードの申し込みに必要な顔写真の撮影や、身分証のコピーの無料サービスを行っていますが、本格的な普及にはほど遠いようです。
すでに稼働している地域では、たばこ自動販売機が撤去されたり、たばこ販売店が廃業したりしており、逆に、スーパーやコンビニエンスストアなど小売店店頭での対面販売が増えているという効果が出ています。このため、ファミリーマートやローソンなどのコンビニエンスストアでは、たばこの品揃え強化に取り組んでいます。
7月1日の“タスポ”のシステムの全国稼働を前に、那覇市のパレットくもじ玄関前広場では、27日から“タスポ”の即日発行イベントが行われています。通常は郵送で申し込み、カードの到着まで2週間かかりますが、このイベントでは、身分証を持っていれば顔写真の撮影と身分証のコピーの無料サービスをした上で、わずか1時間でタスポカードを発行してもらえるというイベントです。
この“タスポ”の即日発行イベントは、あす30日まで、午前11時から午後5時まで、カードの即日発行受付を行っています。
Sany0072
那覇市のパレットくもじ玄関前広場で行われている“タスポ”の即日発行イベント。全国を巡回しているこの青い車で、即日発行ができる。(筆者撮影)
あと2日で首都圏で“タスポ”のシステムが稼働します。需要の多い首都圏では、どんな影響が待ち受けているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日

ABC大淀社屋最後の日

トラキチファンや高校球児の聖地として知られている阪神甲子園球場は、今年春、内野席部分のリニューアル工事が終わってシーズンに入り、今年秋からはアルプス席・外野席部分のリニューアルに入ります。甲子園のシンボルとも言うべき銀傘もかけかえられ、銀傘の下にはバルコニーボックスやリボンビジョンも設置され、もうひとつのシンボルでもあるスコアボードも立て替えられます。
この甲子園球場と同じくリニューアルするのが大阪にあります。在阪放送局の中でトラキチ社員が一番多いといわれているABC(朝日放送)がきょう、ひとつの歴史の幕を下ろし、明日から新しい歴史の幕を開けます。
ABCは昭和41年6月、大阪市大淀区大淀南2丁目の関西大倉学園の跡地に移転、以来42年間にわたり、ラジオ・テレビの放送をしてきました。周辺には、ラジオ・テレビの放送電波を送信所に届けるための中継基地となる大阪タワーや、ホテルプラザなどの施設があります。
この42年間、桂三枝の『新婚さんいらっしゃい!』や児玉清の『パネルクイズアタック25』、西田敏行の『探偵!ナイトスクープ』などの人気番組をはじめ、新鮮な情報から関西独特の上方文化、阪神タイガースや高校野球をはじめとするスポーツ中継、そして数々の忘れられない思い出が発信されてきました。
しかし、デジタル放送時代が到来し、さらに近くにホテルやマンションなどの高層ビルが建ち並び(この影響で大阪タワーの展望台が閉鎖されたり、ホテルプラザが廃業に追い込まれたりしました。)、建物も老朽化したことから、大阪市福島区、堂島川沿いの通称“ほたるまち”と呼ばれる旧大阪大学医学部付属病院の跡地に新社屋を建設し、移転することになりました。
ほたるまちの新社屋では、すでに4月の下旬から『パネルクイズアタック25』などの番組収録が始まっており、ゴールデンウィークには新社屋落成記念の特番も放送されました。
おとといの金曜日で、『おはよう朝日です』などの近畿ローカル情報番組の旧社屋からの放送が終わり、移転作業が行われています。そしてきょう6月22日の深夜にラジオ・テレビの放送を一時休止してマスター切り替え作業が行われ、移転作業はピークを越すことになります。
すでに旧社屋をはじめとする施設の土地は、ABCが複数の大手不動産事業者に売却しており、移転が完了するまでは売却先の大手不動産事業者から借りているとのことです。移転が完了した後、ABCの局舎と大阪タワー、そして現在その一部が大塚家具の梅田ショールームとして利用されている旧ホテルプラザの建物は、すべて取り壊される予定です。なお、ABCが創立30周年記念事業として昭和57年に建設されたクラシック専用のコンサートホール“ザ・シンフォニーホール”は残ります。そして、ABCが土地を買い取った大手不動産事業者によって、跡地の再開発がなされる予定だということです。
『必殺仕事人』『霊感ヤマカン第六感』『プロポーズ大作戦』『三枝の国盗りゲーム』『世界一周双六ゲーム』『ABCヤングリクエスト』………数々の名番組、数え切れない思い出が、近畿2府4県はもとより全国のお茶の間に発信され、私たちに数え切れない思い出をもたらしてくれました。そしてきょう、最後の日を迎えると、センチメンタルに感じると思われますが、きょうの大淀社屋の周辺は、そんな余裕はなく、あしたからのほたるまち新社屋からの放送へ向けての引っ越し作業でパタパタしているものと思われます。
42年間、私たちに数々の忘れがたき思い出を提供してくれたABCの大淀社屋に感謝の意を表するとともに、ほたるまち新社屋での新たな門出を祝いたいと思います。
きょうの深夜からあすの早朝にかけて、放送機器の移転作業が行われます。このため、あす(きょうの深夜)、午前2:45~4:35までラジオの放送を、午前1:10~5:00までテレビの放送を休止することになっています。そのため、テレビの『虎バン』『ワールドプロレス』などの番組が休止となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日

“幼女殺人鬼”宮崎勤、刑場の露と消える。

今から20年前、4人の幼い女の子を次々と誘拐して殺害した宮崎勤死刑囚の死刑が、きのう、執行されました。
宮崎死刑囚は、昭和63年から平成元年にかけて、埼玉と東京で4歳から7歳までの幼い女の子4人を、わいせつ目的で次々に誘拐して殺害したとして、殺人と誘拐などの罪に問われました。
宮崎死刑囚は、幼い女の子4人の遺体をビデオカメラで撮影して、切断して山に捨て、「今田勇子」の名前で報道機関などに遺骨や犯行声明を送りつけるなど、当時の社会を震撼させました。
犯行の残虐さから宮崎死刑囚に責任能力があるかどうかが最大の焦点となりました。1審・2審とも死刑を言い渡し、おととし、最高裁が宮崎死刑囚側の上告を退け、死刑が確定していました。1審から最高裁で死刑判決が確定するまで、およそ16年を要しました。
また、宮崎死刑囚のほか、昭和60年と平成2年に保険金目的で知人2人を殺害した、山崎義雄死刑囚(73)と、平成7年に都内のSMクラブを乗っ取ろうと経営者を殺害した陸田真志死刑囚(37)の2人も死刑が執行されました。宮崎勤被告ら3人の死刑執行で、鳩山法務大臣就任以来、死刑を執行された死刑囚は13人となりました。
(以上TBSニュースから転載)

最初の事件からまもなく20年。
当時、4歳から7歳までの4人の女の子が、当時25歳だった“オタク”男に誘拐され、殺害された事件は、犯罪史上もっとも残虐な事件でした。
殺害された女の子は、もし生きていたら24~27歳。立派な成長を期待していた遺族の方々の無念さが、改めて伝わってきそうです。
この事件をきっかけに、事件の10年後の平成11年11月には、“児童買春・児童ポルノ禁止法”が制定されることになり、現在は単純所持の禁止が議論されています。
事件は、宮崎家の幸せも破壊し、平成6年には、父親が投身自殺しています。
裁判では「(犯行時に)ネズミ人間が出てきた」などと不可解な供述をし、平成18年2月の死刑判決確定後も弁護人らとの接見でも奇妙な言動を繰り返し、最後まで反省と謝罪の色がなかった宮崎勤死刑囚。
死刑は当然。というより、最初の事件から死刑執行まで20年を要したことを考えると、死刑の執行が遅すぎたという印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月11日

アンケート企画:“秋葉原と那覇の国際通りに歩行者天国は必要か?”

6月8日の日曜日、東京の秋葉原の歩行者天国で、静岡県の派遣社員が2トントラックで乗り付け、3人をトラックではねとばし、4人を刃物で刺して、志望させた通り魔殺人事件が発生しました。
その昔、秋葉原は“電気店の街”として知られていました。家庭電化製品販売店を始め、アマチュア無線機の販売店、トランジスタやICなどの電子部品販売店などが軒を並べていました。しかし、10年ぐらい前からは、アニメやゲーム関連のコンテンツや商品を扱うお店が増え、「オタクの街・アキバ」として広く知られる様になりました。また、昨年の大晦日に放送された『第58回NHK紅白歌合戦』にも出場したアイドルグループ“AKB48”もここから生まれました。
東京では、新宿、銀座、そしてこの秋葉原で歩行者天国が行われています。日曜・祝祭日(銀座は土曜日も)の午後0時~6時(10月~3月は5時)までの時間帯、一般の車両をシャットアウトして歩行者専用道路とします。以前は原宿や渋谷にも歩行者天国がありましたが、周辺の渋滞やゴミの散乱などの理由で廃止されました。
今年に入って、秋葉原の歩行者天国に異変が起きました。大音量で演奏するバンドや下着をあらわにした女性パフォーマーが横行するなど無法地帯となっており、警視庁当局による取り締まりがなされるようになりました。警視庁と商店街組合でも、秋葉原の歩行者天国のあり方について、廃止も含め検討されつつありました。
その矢先に起きた通り魔殺人事件。今回の事件を機に、歩行者天国の廃止についても取りざたされることが予想されます。
さて、ここ那覇市の国際通りでは、昨年の2月から毎週日曜日、午後0時~6時に“トランジットモール”と称して歩行者天国が行われています。現在架け替え工事が行われている那覇市牧志の蔡温橋交差点と久茂地の県庁北口交差点の間を、那覇バスターミナルと那覇新都心地区を結ぶ小型路線バス“10番・牧志新都心線”が走る以外は、車両をシャットアウト。国際通り中心部にあるデパート・三越の斜め向かいにあるてんぷす那覇前広場では毎週、イベントが行われておりにぎわっています。車両が出す排気ガスによる公害の低減と、国際通り商店街の活性化がねらいですが、秋葉原での事件を機に、警備が厳しくなるのは必至です。
そこで、このブログをご覧の皆様にアンケート。質問は2つ用意しました。
Q1.下着をあらわにした女性パフォーマーが横行するなど無法地帯となり、そして通り魔殺人事件がおきたことで、秋葉原の歩行者天国の廃止が取りざたされています。警視庁では当分の間、秋葉原の歩行者天国を中止するとしています。そこで、秋葉原の歩行者天国について、どのくらいの期間中止して復活させるべきと思いますか?それとも廃止すべきと思いますか?
・1ヶ月は中止すべき
・最低6ヶ月は中止すべき(12月以降復活)
・最低1年間は中止すべき(来年6月以降復活)
・歩行者天国を廃止すべき
・わからない・どちらともいえない
Q2.那覇市・国際通りのトランジットモールについて、現在の毎週日曜日に加え、実施日を拡大すべきと思いますか?それとも廃止すべきと思いますか?
・土曜日・祝祭日にも拡大すべき
・祝祭日にも拡大すべき
・現在の毎週日曜日のみで十分
・トランジットモールは廃止すべき
・わからない・どちらともいえない
回答はそれぞれの選択肢の中から1つをお選びください。コメントのある方はコメントにお書き込みください。皆様からの忌憚のないご意見をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 5日

“元TBS川田亜子アナ自殺”テレビはどう伝えたか?

元TBSアナウンサーの川田亜子さんが自殺と報じられてから、1週間がたちました。
先週、各テレビ番組で、川田さん死去の件が伝えられましたが、これについては、各テレビ局で取り扱い方が異なっていました。
まず、昨年3月までアナウンサーとして在籍していたTBSでは、
26日11:30AM 『ピンポン』
昼のニュースで川田さん死去のニュースを報じる。このほか、各ニュース番組でも報じるが、最低限にとどめる。伝えたアナウンサーの目には涙があふれていたという。
27日6:40AMごろ 『みのもんたの朝ズバッ!』
竹内香苗アナウンサーがサンケイスポーツの1面を引用する形で報じる。
31日10:45PM 『ブロードキャスター』
バレーボール延長のため45分繰り下げ。山瀬まみさんの“お父さんのためのワイドショー講座”のコーナーでランキング10位にランクインされたとだけ伝える。
1日7:30AM 『がっちりマンデー!!』
この日が第200回の放送。番組の最後にスタッフ一同のメッセージとして「川田さんのご冥福をお祈りします。」と報じたのみ。次の『サンデーモーニング』では一切触れず。その次の『サンデージャポン』(一部地域のみ放送)でもわずかに触れただけ。
1日11:45AM 『アッコにおまかせ!』
正午またぎの芸能ニュースフラッシュのVTRで本格的に触れたものの、スタジオでは一切触れず。なお、川田さんはかつてこの番組で安東弘樹アナウンサーのピンチヒッターとして出演したことがあった。
TBSでは昨年6月までこの局のアナウンサーだったことから、ニュース番組など最小限にとどめています。
また、レギュラー出演番組を持っていたTV-ASAHIでは、
26日の昼のニュースで川田さん死去のニュースを報じる。
31日9:29AM『サタデースクランブル』(関東地方のみ)
番組の冒頭7分間で、松井康真アナウンサーさんが、一緒に司会をしていた川田さんの訃報を伝え、女優の東ちづるさんやメディアプロデューサーのデーブ・スペクターさんの追悼コメントを伝えた。
31日4:55PM『鳥越俊太郎・医療の現場!』(日本医師会提供・BS-ASAHI)
プロ野球中継放送のため繰り上げ放送。番組開始前に数少ない川田さんの理解者だった鳥越さんが追悼のメッセージを語っただけ。この日から鳥越さんの相棒はTV-ASAHIの佐分千恵アナウンサーさん。ちなみにこの日は、世界禁煙デーにちなみ、今村医院の今村聡先生をゲストに迎え『喫煙とPOCD』について話を伺った。同番組は翌1日10:00AMに再放送された。
川田さんが局アナとして在籍していたTBS-TVと、レギュラー出演番組を持っていたTV-ASAHIが、追悼映像を流さず、ニュース番組で報じるなど、最低限の報道にとどめていたのに対し、NIHON-TVとFUJI-TVでは、昼のニュース番組で速報した後、各種情報ワイド番組で詳しく取り扱われていました。
このように、川田さん自殺のニュースについて、各テレビ局やスポーツ紙の間で、取り扱いに差があったことがわかります。
今後、真相の報道はテレビ、スポーツ紙から週刊誌へと舞台を変えますが、川田亜子さんをめぐっては、所属事務所の役員との間で何かあったのではという噂が飛び交っているものと思われます。
まず、5月26日6:15AM、川田さんは、東京都港区海岸の運送屋の営業所の前の路上に駐車してあった、所属事務所のケイダッシュ所有と思われる白い舶来品の乗用車の車内で遺体となって発見されました。後部座席に練炭があり、窓ガラスに目張りがしてあったことから、自殺と見られていました。ところが、第一発見者である運送屋の運転手は、前日の25日8:00PMごろから、この白い乗用車がすでに駐車してあり、車中でうつぶせになっている川田さんらしき女性を目撃していたといいます。その翌朝、まだその白い乗用車が駐車しており、異変だとみたら、川田さんは死亡していたのが判明、三田警察署に通報したということです。その後、この運転手は行方をくらましているとか。
もう一つは、ケイダッシュの幹部の存在。川田さんのオフィシャルブログ『Ako’s style』(現在は閉鎖)には、5月に入って、自分自身が体調不良になっていたことがつづられており、12日の記事には「母の日に私は悪魔になってしまいました」などと書かれていました。また、14日に、同じ系列の事務所に所属するタレントが出演したCM発表会の司会をつとめたときは、「ほおがやつれていたし、伏し目がちで元気がなかった。アナウンスも棒読みだし、自分のMCが終わるとステージの端でため息をついていた。」とマスコミ関係者が話しています。このことから、川田さんは、ケイダッシュの大物幹部となんらかの肉体関係を迫られた末に妊娠させられ、妊娠した胎児を堕ろさせられ、その結果、「母の日に私は悪魔になってしまいました」ということになり、それで精神的に落ち込んでいたのではという解釈が一部にあると、私は思います。
現在、そのケイダッシュの大物幹部は行方をくらましており、報道規制もされています。一部では「川田さんはケイダッシュの大物幹部によって自殺に追い込まれたのか、あるいは殺害されたのでは?」という憶測もあります。
まだまだこれからが楽しみだった29歳の若さでこの世を去った川田亜子さん。しかし、彼女の死をめぐっては、さまざまな新事実や憶測が出てくるものと思われます。しかし、所属事務所のケイダッシュは、川田亜子さんの件について、このまま一件落着として闇に葬ろうとしています。これでは川田亜子さんは成仏できずに、幽霊となって大都会をさまようことになります。残された遺族や、応援してくれたファンの方のためにも、一日も早く真相の究明を願いましょう。
さて、このブログでは川田亜子さん追悼関連アンケートを行っていますが、ここで質問を2つ追加します。
Q4.川田亜子さんの自殺をめぐっては、所属事務所の大物幹部との噂など、さまざまな憶測が飛び交っています。これまでの報道を総合して、川田亜子さんは自殺だと思いますか?それとも殺害されたと思いますか?
・自殺だと思う
・殺害されたと思う
・どちらともいえない
Q5.川田亜子さんの自殺の件について、民放テレビ各局の間で対応に差が出ました。NIHON-TVとFUJI-TVが芸能ニュースとして詳報したのに対し、アナウンサーとして5年間勤務していたTBSと、TBS退社後にレギュラー番組を持っていたTV-ASAHIはニュース番組で報道したのにとどめました。TBSとTV-ASAHIが川田さん関連の報道を差し控えたことについて、あなたはどのように思われますか?
・遺族他各方面に配慮すべきであり当然だ
・局側の方針でありやむを得ない
・所属事務所の情報操作もあるかも
・追悼映像などもなく不満だ
・真実をもっと報道してほしい
・わからない・どちらともいえない
回答はそれぞれの選択肢の中から1つをお選びください。コメントのある方はコメントにお書き込みください。みなさまからの忌憚のないご意見をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »