« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月24日

那覇バス三重城営業所、32年間の歴史に終止符。あすから新川営業所発着。

那覇市西町にある那覇バスの三重城営業所がきょうの運行終了をもって、南風原町新川の新川営業所に移転します。
那覇バスの三重城営業所は昭和49年に那覇市西町のパシフィックホテル沖縄とロワジールホテル沖縄の中間に設置され、那覇市内線の発着ターミナルとなっていました。一時期はこの三重城営業所に市内線の全路線が集約されたときもありましたが、昭和61年に小禄線と石嶺線の牧志廻りが統合され小禄石嶺線になり、この路線が石嶺と小禄(現具志)の両営業所に分散された後から、市内線の発着地が分散し、また、土地の一部が三重城県営住宅となりました。
ところが、この三重城営業所の土地は、借地であり、旧那覇交通時代から地主から土地の返還を再三にわたって求められてきました。おそらくこの地主、那覇交通は信用できないと言うことで返還を求めていたことでしょう。このため那覇バスでは新しい営業所の土地を探していましたが、幸いにも南風原町新川にあった沖縄県農業試験場の跡地の一部を沖縄県から分けてもらうことができ、ここに新しい営業所を設置することになりました。場所は今年4月に那覇市与儀から移転して開院した県立南部医療センター・こども医療センターの近くにあり、また南風原・与那原・佐敷方面への乗り換えにも便利な場所です。
こうして那覇バスの三重城営業所はきょうの運行終了をもって、同社市内線の拠点としての、旧那覇交通時代から数えて32年間の歴史に幕が下ろされ、折り返し点となります。そして、あす9月25日の運行開始からは、新川・石嶺・具志の3つの営業所を拠点に那覇バスの交通ネットワークが構築されることになります。営業所の移転に伴い、①番・首里識名線が新川営業所で分割されるなど、一部の路線でルートが変更されます。
1番・首里牧志線
新川営業所-首里駅-首里高校前-安里-久米-三重城
2番・識名開南線
新川営業所-真和志高校前-識名-真和志小学校前-那覇市民会館前-開南-商業高校前-三重城
3番・松川新都心線
新川営業所-真和志高校前-識名-真和志支所前-工業高校前-大道中央病院前-おもろまち2丁目-泊高橋-若狭-三重城
5番・識名牧志線
新川営業所-真和志高校前-識名園前-繁多川-工業高校前-安里-商業高校前-三重城
17番・石嶺開南線
石嶺営業所-石嶺入口-儀保-鳥堀1丁目-首里高校前-大道中央病院前-開南-県庁北口-壺川-小禄駅前-具志営業所
また、新川営業所においては乗り継ぎ券を発行し、1番・2番・3番・5番の相互間で200円の運賃で乗り換えができるようにしました。
那覇バスの新川営業所では22日に落成式が行われ、すでにきのうから、休日ダイヤで使われないバスが三重城営業所から移動してきており、今夜から明日の未明にかけて方向幕の取り替えやバスの移動が行われ、あすの営業開始に備えるということです。

Dsci0001
南風原町新川に建設された那覇バスの新川営業所。25日の運行開始に向け、準備が進められている。
Dsci0003_1
休日ダイヤのため使われないバスは既に回送され、方向幕も取り替えられ、あすの運行開始を待つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日

RBCテレビ、テレビマスター更新のため深夜放送を休止。

沖縄のRBCテレビは、12月1日からのデジタルテレビ放送開始に伴い、テレビ送出機器(マスター)更新の作業を行い、29日の放送開始から運用を開始する予定です。
RBCテレビは、那覇市久茂地2-3-1の琉球放送会館8階に設置されたテレビマスターから放送してきました。昭和55年の現放送会館竣工以来、26年間にわたってこのテレビマスターから放送してきましたが、機材の老朽化がかなり進んでいるため、12月からのデジタルテレビ放送開始に合わせ、テレビマスターを現在の放送会館の北となりに建設した別館の3階に移転し、最新鋭の放送機器に取り替えることになりました。
すでに琉球放送会館に同居しているQABテレビは11日にテレビマスターを別館の2階に移転し、放送を開始しています。また、ニュース番組を放送するための副調整室も新しい機材に更新されました。
私もRBCテレビの放送を見て思ったのですが、朝・昼・夕方の時刻表示が多少ぼやけて見えるのが機材老朽化の象徴と思いました。とりわけRBCテレビでは沖縄県内ではいちはやく、夕方の時刻表示を行っているだけに、一日も早く、機材の更新で鮮明に表示して欲しいという要望があったと思います。
テレビマスターの移転・更新作業に伴い、4回にわたり深夜・早朝の放送が休止になります。放送休止となる時間帯は下記の通りです。
9月20日(水) 深夜0:25~9月21日(木) 午前5:30
9月25日(月) 深夜1:25~9月26日(火) 午前5:00
9月26日(火) 午後11:50~9月27日(水) 午前5:55
*『耳薬時間』は27日(水)深夜0:55に変更となります。
9月28日(木) 深夜0:29~9月29日(金) 午前5:55 
(ちなみに今から25年前、NIHON-TVから『11PM』をネットしていた時期は、深夜0:26放送打ち切りでした。また、今のようにエンディングテーマの『なんた浜』(沖縄のフォスターとも呼ばれる石垣島出身の作曲家、宮良長包さんの作曲による名曲です。)が流れるものではありませんでした。)
RBCのテレビ編成局では「12月からのデジタルテレビ放送の準備のため誠に勝手ながら深夜・早朝の放送を休止させていただく。特に26日はテレビマスターの切り替えという大がかりな作業のためきわめて異例だが深夜12時前に放送を打ち切り6時間にわたり放送を休止させていただく。視聴者やスポンサー、特に深夜・早朝の時間帯を利用する通販業者には大変ご不自由をかけることになるがデジタルテレビ放送の準備のためご了承願いたい。24日の深夜には『ミヤギテレビ杯ダンロップレディースゴルフ最終日』を録画で放送するので楽しんで欲しい。」と言っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »