« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日

“甲子園への道”いよいよクライマックス!とはいえ…

全国各地で甲子園を目指した戦いが繰り広げられている『第88回全国高校野球選手権大会』、沖縄大会は16日に行われた決勝戦で、八重山商工高校が中部商業高校を7-3で下し、沖縄県の離島勢で初めての甲子園出場を果たしました。春の選抜大会に続き、“涙そうそうドリーム”を再び繰り広げて欲しいものです。
ところで、今年の夏の高校野球の地方大会は、大雨を伴った梅雨が長引き、試合日程が大幅に狂いました。
きのうは、千葉県(千葉経大附)、長野県(松代)、富山県(福岡)、三重県(三重)、広島県(如水館)、徳島県(徳島商)で代表校が決定、それでもきのうまでに甲子園出場が決まったのは24校、全49代表の半分も決まっていません。
長引く梅雨の影響で主催者の各都道府県高校野球連盟では、雨になって試合が延期になり、会場の確保に頭を痛める日々が続きました。気象情報会社のホームページともにらめっこし、試合ができるのかやきもきしたこともありました。京都では31日までに代表校を決めて大会を終わらせるため、急遽綾部球場を借りて3試合を行ったという話もあります。8月3日には組み合わせ抽選、そして6日から全国大会開幕、これに間に合わすため、31日までに全49代表を決めたいという思いに、大会関係者の悩みはつきないようです。
一方、6日からの全国大会、全48試合を総合テレビと教育テレビで“完全生中継!”する予定のNHKも高校野球地方大会の日程が天候不良によって大幅にずれ、これによって当初の放送予定が変更となりました。NHKでは高校野球地方大会代表校決定のピークに備えて、23日に『囲碁の時間』を休止して昨年8月28日に放送した『決定!こども囲碁名人~第26回少年少女囲碁大会』を再放送しましたが、高校野球に差し替えたのは青森県と岩手県(いずれも準決勝)だけで、高校野球に差し替えを想定していた関東・近畿地区でも放送されてしまい、今後の編成に課題を残しました。
いよいよ今週末が代表校決定のピークになるため、一部地域で午後の時間帯の番組が変更となります。きょう29日は関東地区の総合テレビで神奈川大会の決勝、教育テレビで埼玉大会の決勝、近畿地区では総合テレビで滋賀大会の決勝、教育テレビで和歌山大会の決勝をそれぞれ放送する予定です。またあす30日も関東地区の総合テレビで西東京大会の決勝、教育テレビで茨城大会の決勝を放送する予定です。
このため、きょう2:00PMから放送予定の『土曜スタジオパーク』、アイドルタレントの佐藤江梨子さんを迎え、8月19日から放送予定の『土曜ドラマ・新・人間交差点』についてお伝えする予定が、関東・近畿など高校野球地方大会中継にかかる一部の地域でご覧いただけなくなるとのことです。(なお、番組ではきょうの番組のダイジェストを8月5日に放送する予定です。)また、大河ドラマ『功名が辻』も、きょうの再放送が関東地区で4:00PMから、近畿地区で5:15PMからに変更されます。番組ではホームページで「地域によって放送時間に変更がある」として注意を呼びかけています。
今年の夏の高校野球地方大会、記録的な長雨によって日程が大幅に狂いましたが、各府県にたった1枚だけ割り当てられた“甲子園への切符”をかけたドラマは、今週末から31日にかけて、いよいよクライマックスを迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日

FM21、『第4回世界のウチナーンチュ大会』の話題を全国に紹介!

きょう1:05PMよりNHKラジオ第1放送で放送された『とれたて情報コミュニティ発』、お聞きになりましたか?
NHKが年に2~3回、祝日特番として放送している『とれたて情報コミュニティ発』は、NHKラジオセンターの131スタジオと全国から選ばれた7つのコミュニティFM局を結んで、その地域のホットな話題を伝えてもらう番組で、通常『ラジオほっとタイム』で午後2時台に放送している“ふるさとマイタウン”コーナーのスペシャル版です。この番組に、浦添市のコミュニティFM局、FM21が登場しました。FM21がこの番組に登場するのは平成14年9月以来2度目。前回登場したときは、宮里幸江さんが浦添市の少年少女太鼓集団『鼓衆若太陽(ちぢんしゅうわかてぃーだ)』を紹介しました。
きょうは浦添市前田のFM21のスタジオから、元NHK沖縄(現那覇)放送局のアナウンサーだった芳田賢一さんが、今年10月に沖縄で開催される『第4回世界のウチナーンチュ大会』の話題を全国に伝えました。大会も3ヶ月を切った中で、着々と準備が進んでいるという話でした。また、番組では大会イベントとして10月14日に上演されるミュージカル『海から豚がやってきた』のことも紹介されたほか、ハワイKZOO放送の宇良啓子さんも電話出演、ハワイでも沖縄出身の日系人が多数訪沖の準備を進めており、10月にはジャンボ機2機を貸し切って1000人を超える訪沖団がやってくるということです。
FM21の出番は3:05~3:28PMで、この部分はFM21でも同時放送されました。
今回の『とれたて情報コミュニティ発』は“わたしの町の夏の一押し”というテーマで、このFM21のほか、北海道北広島市の「FMメイプル」など7局が、それぞれの地域の夏の話題を紹介していました。東京のNHKラジオセンターの131スタジオには放送作家の石井彰さんと司会の有江活子さんが出演していました。
【関連リンク】
『第4回世界のウチナーンチュ大会』ホームページ

ちなみに、FM21ではさらに2つの新番組がスタートしました。
毎週金曜日 5:00~6:00PM(14日から)
『トワイライトミュージック』
沖縄で活躍する歌手の仲宗根健さんがFM21に登場!歌謡曲、洋楽と共に、貴方の夕暮れ時を演出!!
毎週日曜日 3:00~4:00PM(16日から)
『サンデーミュージックラウンジ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日

元アイドル・甲斐智枝美さんの訃報に接して

日本全国を衝撃的なニュースがかけめぐりました。
1980年代なかば、歌手としてまた女優として活躍していた元アイドルタレントの甲斐智枝美さんが10日、急性心不全のため急逝しました。43歳でした。
甲斐智枝美さんは福岡県の大牟田市の生まれ。山口百恵・桜田淳子・森昌子の“花の中3トリオ”を生んだNIHON-TVの番組『スター誕生!』で第29代グランドチャンピオンとなり、昭和55年6月、16歳・高校2年の時に『スタア』で歌手デビューしました。この年は松田聖子さんや河合奈保子さん、柏原芳恵さんもデビュー、1980年代、激動のアイドル全盛期の幕開けという年でした。
歌手としてはあまり売れませんでしたが、それでも『GOGO!チアガール』(昭和55年大映テレビ作品)で三原順子さん(現在NHKの大河ドラマ『功名が辻』に出演中)と共演、『野々村病院物語』(昭和56年テレパック作品)では宇津井健さん(現在TBS-TVの人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に出演中)扮する野々村院長の娘役で出演、さらには鶴見辰吾さんと伊藤麻衣子さんが主演した『高校聖夫婦』(昭和58年大映テレビ作品)にも出演するなどテレビドラマに出演、またABCテレビ制作・武田薬品工業提供による『三角ゲーム・ピタゴラス』で、俳優の大和田獏さんと一緒に司会もするなど、大きな瞳と愛くるしい顔立ちで、同世代の男の子を中心にお茶の間の支持を得ていました。そういえばかつてはこの時期、FUJI-TVに恒例の『オールスター紅白水泳大会』がありましたが、この『オールスター紅白水泳大会』にも夏・冬合わせて6回出場、はちきれんばかりのビキニの水着姿を披露していました。高校卒業直後の昭和57年には、学習研究社から発行されたオールスペインロケの写真集『つれてって』で、高校在学中のイメージから一転しソバージュをかけた長い髪に厚化粧をして登場、シャワーを浴びるところでヌードを披露していました。
平成2年10月にスタジオミュージシャンの長谷部徹さん(かつてはFUJI-TVの『F1グランプリ』の主題曲『TRUTH』の演奏でおなじみのT-SQUAREのドラマーでした)と結婚して芸能界を引退、名前も長谷部智枝美に変わりました。そして平成3年と6年に2人の男の子を産み、千葉県習志野市で生花店を経営しながら幸せな家庭を築いていきました。
ところが10日の朝、寝ている間に心臓発作に襲われ、起きなくなってしまい、救急車を呼びましたが既に死亡していました。
私もあの当時、中学生でしたが、当時女子高生だった甲斐智枝美さんを応援していました。大きな瞳と愛くるしい顔立ち、はちきれんばかりのビキニの水着姿に、私も、そして40代前半の男性諸君もノックアウトされたことでしょう。私もこんなタイプの女性と結婚したいなとも思いました。
そして、高校卒業直後に発表された写真集ではあの女子高校生時代のかわいこちゃんから一転して髪型も顔も変わり、そしてヌードまで披露してショックを感じました。
長谷部智枝美さんの葬儀は12日午前中に千葉県習志野市内の斎場で行われました。多くの芸能関係者も参列したものと見られます。参列した芸能関係者の一人で所属していたホリプロの先輩・榊原郁恵さん(47)は「彼女の二男が小さい時に芸能界に復帰したいと相談されたことがあったんです。その時、橋渡しをすることができなかった…」と語っていました。
さらに、葬儀が終わり、智枝美さんが好きな花々に囲まれて荼毘に付された後で、衝撃的な事実が明らかになりました。とあるスポーツ紙が、「甲斐智枝美さんは首つり自殺していた」ということが、習志野警察署の検視で明らかになったと報じました。私はさらなるショックを感じました。
そういえば、実をいいますと、私の母は半年前の1月に他界しました。この長谷部智枝美さんの訃報に接していますと、私の母を長谷部智枝美さんに、そして自分自身が長谷部さんの2人の息子さん(1人が中学3年生でもう一人が小学校6年生だと伺っています)にオーバーラップしているような気がしました。
長谷部智枝美さんのご冥福を心よりお祈りします。
Dsci0053
愛くるしい笑顔とはちきれんばかりのビキニの水着姿を披露していた女子高校生当時の甲斐智枝美さん。バストは84センチもあった。

【追伸】ココログのシステムメンテナンスのため、記事の掲載が遅れましたことをお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年7月10日

サッカーW杯閉幕、一方、沖縄では

1ヶ月間にわたり全世界の注目を集めた『2006FIFAワールドカップサッカードイツ大会』が日本時間のけさベルリンのオリンピックスタジアムで行われた決勝戦で、イタリアがフランスを1-1からのPK戦の末優勝し、1ヶ月間のサッカーの祭典に幕を下ろしました。イタリアは6大会(24年)ぶり4回目の優勝でした。
この1ヶ月間、日本も熱狂しました。しかし、残念ながら日本は前回もお話ししたとおり、予選リーグで敗退、決勝トーナメントに入ってからはワールドカップの話題からそれていきました。
決勝トーナメントに入っても、先の読めない展開になりました。まず、日本と同じF組で予選リーグを戦ったブラジルが準々決勝で敗退。そして開催国のドイツも準決勝でフランスに敗れ3位となりました。私は、ドイツとブラジルで決勝戦、しかもPK戦までもつれると予想していました。
日本だけではありません。アジアから出場した韓国、イラン、サウジアラビアのアジア代表の4カ国も、予選リーグで敗退、アジア勢は全滅してしまいました。
この大会を最後に現役を去る選手が2人います。1人は、日本の中田英寿選手。湘南ベルマーレの選手としてデビューし、イタリアの世界最高峰のサッカーリーグ・セリエAのチームでも活躍、日本代表では平成10年のフランス大会、平成14年の日韓大会、そして今回のドイツ大会と、W杯3大会10試合すべてに出場、日本代表チームの中心メンバーとして活躍してきました。しかし、今回の大会を最後にプロサッカープレーヤーとして足を洗い、新たな自分探しの旅に出たいとしています。まだまだ29歳、もう1大会がんばってもらいたいという気持ちもありましたが。
そしてもう1人はフランスのジダン選手。フランスで英雄的存在だったジダン選手も、今大会を最後に引退を表明していましたが……泣いても笑ってもこれで最後の試合となった今朝の対イタリア戦、延長後半の5分にイタリアのマテラッツィ選手に頭突きを食らわせ、一発レッドカード退場、最後は思いもかけぬ悪いフィナーレになってしまいました。このジダン選手を含め今大会は28人の退場者が出てしまいました。
今年2月にイタリアのトリノで行われた冬季五輪でも、4年間この五輪のためにすべてをかけてきたアスリートたちがおり、またこの大会を最後に現役を去る選手がいました。女子フィギュアスケートで優勝した荒川静香さんもその1人でした。サッカーはW杯、それ以外のスポーツは五輪とはいえ、4年に1度の大きな大会のためにすべてをかけるという思いは共通していることが言えそうです。
次回のワールドカップは平成22年(2010年)に南アフリカ共和国で開催されます。しかし、日本をはじめアジア勢が予選リーグで全滅したため、アジアの出場枠が減らされることが心配です。

話変わってここは台風3号が去って青空が戻ってきた沖縄。
これも1ヶ月間にわたって熱戦が繰り広げられている『第88回全国高校野球選手権沖縄大会』は、きのう台風3号の影響で延期されていた準々決勝4試合が奥武山球場と北谷公園野球場で行われ、中部商業高校、八重山商工高校、沖縄尚学高校、浦添商業高校が勝ち残り、15日に沖縄市営球場で行われる準決勝に駒を進めました。
ところで沖縄の高校野球のメッカといわれた那覇市の奥武山球場は、きょう行われた『八重山商工VS前原』が夏の大会としては最後の試合となりました。奥武山球場は9月に行われる秋季大会が最後の公式大会となり、大会終了後の10月には取り壊されて平成22年に新しい球場として生まれ変わることになります。長崎のビッグNスタジアムや宮崎のサンシャインスタジアムのように、立派な球場として生まれ変わることを期待しましょう。
高校野球・準決勝の模様はNHKテレビで沖縄県内で放送されます。
7月15日 準決勝『中部商VS沖縄尚学』『八重山商工VS浦添商』
教育テレビ(デジタルテレビ第1含む)で、10:00~11:45AM、0:00~2:00PM
*『テレビスポーツ教室・遠泳』は2:00PMからとなります。
総合テレビ(デジタルテレビ含む)で、2:00PM~試合終了まで
7月16日 決勝戦
教育テレビ(デジタルテレビ第1含む)で、0:20~3:20PM
*高校野球が行われた場合、『NHK杯囲碁トーナメント1回戦第16局・神田英九段VS万波佳奈女流棋聖』は3:20PMからとなります。
(上記の番組はいずれも沖縄県のみでの放送です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日

FM21 7月の番組変更情報

浦添市のコミュニティFM局、FM21(76.8FM)より、7月の番組変更情報をお知らせします。
【新番組】
『垣花紀子のひとりがひとりを幸せに』
6日より毎週木曜日 5:00~6:00PM
垣花紀子さんは旧姓・新川紀子といえばご存じの方も多いと思いますが、元RBCのアナウンサーで、またROKの『サン・サン広場』のパーソナリティーでした。現在浦添市倫理研究会の会長でもあります。
そんなベテランアナウンサーの垣花さんの1時間ノンストップトークをお楽しみください。

【放送時間変更】
『西村悦子のヒーリングタイム』
毎週金曜日 5:00PM~→6日より毎週木曜日 11:00~12:00PM
その昔、NHKで『夕べのひととき』などを担当していた女優の西村悦子さんがおくる“癒しの空間”が金曜日の夕方から木曜日の夜にお引っ越し。
木曜日のお休み前のひとときを、洋楽のテンポラリーナンバーと、西村さんの“朗読一人舞台”でお楽しみください。
『思い出の歌謡曲』
毎週木曜日 5:00PM~→6日より毎週金曜日 5:00~6:00PM

なお、毎週火曜日の9:00AMで放送していた『あなたと二人三脚』は、廃止となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新石垣空港建設にゴーサイン!

新石垣空港の建設に、いよいよゴーサインが出ました。
沖縄県の稲嶺惠一知事はきのうの記者会見で、10月中旬にも新石垣空港の建設工事に着手すると明らかにしました。
新石垣空港建設をめぐっては、昭和50年代半ばに構想が立ち上がり以来、建設位置の2転、3転、希少動植物の存在、赤土流出による珊瑚礁の死滅などの環境問題など紆余曲折がありました。昨年、国土交通省から建設許可がおり、事業主体となる沖縄県が用地買収などを進めていますが、このほど建設に必要な土地の約40%が取得できたとして、10月中旬にも起工式を行い着工することになりました。今年11月の沖縄県知事選に出馬せず、今期をもって勇退することになった稲嶺知事にとっては、新石垣空港の着工が最後の仕事になります。
今後も用地買収を進め、7年後の平成25年3月の開港を目指すことになりますが、建設予定地内に建設反対派の所有地もあるなど、、さらなる紆余曲折も予想されます。また、石垣全日空リゾート㈱が経営していた“石垣ゴルフ倶楽部”は、新石垣空港の建設用地にかかるため、8月いっぱいで営業終了となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »