« 来年にもデジタルラジオが始まります | トップページ | 競争激化が招いたJR宝塚線の悲劇(その2) »

2005年4月30日

競争激化が招いたJR宝塚線の悲劇(その1)

2005年4月25日午前9時18分、JR史上最悪の大惨事は起こった。
4月25日午前9時18分頃、兵庫県尼崎市のJR宝塚線・塚口-尼崎間で、宝塚発同志社前行きの快速電車が、カーブで脱線して線路脇のマンションに衝突、運転士を含む106人の死者を出すという、JRグループ史上最悪の大惨事が発生しました。
JR宝塚線は、もともと福知山線で、かつては大阪と山陰地区を結ぶ単線・非電化ののどかな路線でした。ところが昭和61年に大阪-福知山の全線で電化が完成したときから事情は一変しました。宝塚線のうち大阪と篠山口の間では沿線開発が進み、快速・普通列車が大増発、特に阪急宝塚線と競合する宝塚と大阪の間では朝夕ラッシュ時には2分おきに運行するようになり、スピードアップも図られ、JR西日本の“京阪神アーバンネットワーク”の一員として位置づけられました。平成11年にJR東西線(尼崎-京橋間)が開業した後、一部の電車は篠山口方面から東西線を経由して学研都市線・木津方面まで直通運転されるようになり、兵庫県東部から学研都市線沿線の大学へ通う大学生の通学の足としても利用されるようになりました。現在、尼崎-宝塚間で3~6分間隔で快速・普通列車が運行される他、新大阪と福知山・豊岡・城崎温泉間を結ぶ特急電車が1時間間隔で運行されており、定期乗車券をお持ちの旅客も特急券を別に買えば乗れるほか、定期券などと組み合わせて使う自由席特急料金回数券、グリーン料金回数券、特急料金込みの特急定期乗車券“パスカル”も用意されています。その一方で、京阪神と鳥取を結ぶ特急列車は智頭急行線経由に回され、現在ではすっかり快速・普通列車が主役の“京阪神アーバンネットワーク”の通勤・通学路線と化してしまいました。
今回、脱線事故を起こした列車は、東西線を経由して学研都市線の同志社前駅まで行く列車で、同志社大学など学研都市線沿線の大学へ通学する大学生も多数乗っていました。今回の脱線事故では、そんな未来への夢を持って勉学に励んでいた大学生、17人も犠牲になってしまいました。
今回の事故の背景には、JR西日本と他の鉄道事業者との競争激化にありました。事故の舞台となった宝塚-大阪間は、阪急宝塚線と競合しており、阪急が270円の低額運賃に対し、320円のJR西日本は、スピードを売りにしていました。宝塚-大阪間最速23分。阪急を7分上回る速さを武器に、乗客のハートをつかんできました。この宝塚-大阪間以外にも、天王寺-和歌山間の阪和線、JR難波-奈良間の大和路線など、私鉄と競合する路線があります。
JR西日本の在来線の乗客数(これは京阪神地区だけでなく、営業区域の北陸・近畿・中国すべてでの話です。)も、ピークだった平成8年度の18億4千万人から平成15年度は17億5千万人に減少しています。近畿地区では少子高齢化で乗客数は年々減少し、鉄道各社は少ないパイを奪い合う状況になっている、分刻みの争いをしなければならない裏には、そういった事情があります。
事故を起こした電車の運転士は、前の停車駅の伊丹駅で、40mのオーバーランを犯してしまいました。これで1分半の遅れ。その次の停車駅の尼崎駅は、神戸線との分岐点になっており、列車に1分でも遅れが出ると、接続する他線の列車も遅れることがあり、影響も大きい。運転士は遅れを取り戻そうと、スピードを出し、現場のカーブで時速100㎞を超えるスピードを出してしまい、今回の大惨事を招いてしまいました。この運転士は、過去にオーバーランなどで3度も訓告のペナルティーを受けています。また、事故を起こした電車は、日常的に遅れが目立つ“要注意電車”に指定され、尼崎駅では運転士が出発時間を1秒単位で自主報告させられていました。電車を遅らせれば“日勤教育”と称して、電車の遅れなど問題となった状況を振り返り、原因を考えるリポートを、電車区の区長や助役が勤務する部屋の一角で書かせられ、それだけでなく、草むしりや窓ふき、ペンキ塗りの作業まで課されます。“日勤教育”期間中は月額約10万円の乗務手当は支給されません。4年前には、京都駅で発車が約50秒遅れたとして“日勤教育”を受けさせられ、それによるいじめで自殺した運転士も出ました。ライバルの私鉄との競争を勝ち抜くために、スピードアップと過密ダイヤとを追い求めてきた会社の姿勢と、少しでも電車を遅らせたときの厳しいペナルティーを恐れる運転士の心理が、今回の事故につながったのでしょう。当然、運転士も死亡、105人のお客様の尊い命を道連れにしてしまいました。
この脱線転覆事故の影響で、JR宝塚線は宝塚-尼崎間できょう30日も不通になっており、宝塚-大阪間は、ライバル会社である阪急電鉄への振り替え輸送を余儀なくされてしまいました。またこのほかにも嵯峨野・京都線経由、加古川線経由、播但・神戸線経由による振り替え輸送が行われています。特急は宝塚線内は運休しています。現在現場付近で、兵庫県警による現場検証が続いているため、運転の再開は大型連休明けの5月6日以降になる模様です。
このJR宝塚線の脱線転覆事故を受けて、テレビ番組の変更もありました。
まず、NHKがHi-Visionで放送している『列島縦断・鉄道乗りつくしの旅』の26~30日放送予定分が、2週間延期されました。(ただし、収録は予定通り行います。)また総合テレビでも25日夜に放送予定でした『きよしとこの夜』も、番組中に鉄道関連の歌が流れるという理由で5月2日に延期されました。MBSテレビ(毎日放送=大阪府)では5月1日午後11時に放送する予定だった『情熱大陸・鉄道で時代を分析する政治学者・原武史』を延期し、代わりに東北楽天の田尾安志監督の内容に差し替えすることになりました。いずれもJR宝塚線の脱線転覆事故の被害者や遺族に配慮した形で放送を自粛することになりました。
さらにもっと大きな痛手を食らうことになるのが、事故の当事者であるJR西日本提供のテレビ番組『走れ!ガリバーくん』。
この番組は、ちょっぴり贅沢な憩いの旅を紹介するという普通の旅番組ではなく、毎回2人のゲストが西日本の各地を豪華な旅と素朴な旅のコースに分かれて目的地を目指します。番組の冒頭で簡単なゲームを行い、勝者は案内人と共に美味しい料理と美しい景色を充分堪能できる贅沢づくしの旅。一方、敗者はわずかなお金を手に目的地までたどりつかなければならない過酷な旅に…、という番組です。JR西日本本社のある大阪のKTV(関西テレビ放送)をキーステーションに、同社の営業区域である北陸・近畿・中国・四国地区および福岡県のFNN系列10局を通じて放送しています。また、これ以外の系列局でもJR西日本の提供をはずした番組販売形式で放送しており、沖縄でもOTVで不定期放送しています。
この番組も鉄道が当然のように登場、しかも事故の当事者であるJR西日本の1社提供…である以上、放送自粛は避けられない情勢です。それも106名もの尊い命を奪った重大事故を引き起こした以上、放送自粛が長期化するのは避けられません。
カーブによるスピードの出し過ぎが原因で106名の尊い命を失ったJR宝塚線の脱線転覆事故は、大都会を舞台に繰り広げられる鉄道事業者間同士の競争の激化が招いた悲劇でした。ニュース番組を通じて放送された、夢を持った若者達の悲劇の話は、私たちに悲しみをもたらしました。
この事故で尊い命を失った皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

|

« 来年にもデジタルラジオが始まります | トップページ | 競争激化が招いたJR宝塚線の悲劇(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競争激化が招いたJR宝塚線の悲劇(その1):

» 列車脱線事故、日本の文化が遠因? [U.S.O.Today 日本語版]
今も、世界中で90秒遅れの列車が走っているだろう。運転手はもちろん、乗客の誰もが遅れを気にしないし、鉄道会社にクレームをつける乗客は誰もいない。但し、日本を除いては。 USO国やヨーロッパ諸国では、数分以内の列車の遅れは大目に見られるが、日本では1秒の遅れが問題となる。 4月25日午前9時に、日本の大手鉄道会社であるJR西日本の23歳の運転手は、たった90秒の列車の遅れを取り戻そうと、半径300mの急カーブを100�... [続きを読む]

受信: 2005年4月30日 午前 11時59分

» JR宝塚線にて脱線事故発生 [大沢3丁目]
尼崎・列車脱線事故 すでに多数のブログで取り上げられ、またマスメディアを通じても情報が行き渡っている通り、兵庫県尼崎市内のJR宝塚線で快速電車が脱線し、この記事を執筆している段階で73人の方が亡くなられました。また、同456人の方が負傷されています。国内における過去最悪の鉄道事故は、1947年2月に発生し、684人の方が被害に遭われた八高線での脱線・転覆事故ですが、今回の事故で被害に遭われた方の人数が時間を追うにつれて増えて行くのは痛ましい... [続きを読む]

受信: 2005年5月 1日 午後 09時08分

» 尼崎列車脱線事故IV(人事政策の大きな誤り) [時事を考える]
ニュースをみていたらJR西日本の社員構成は30代の社員数が40代、50代の社員数 [続きを読む]

受信: 2005年5月22日 午後 10時50分

» ヨタ記事も、満更ではありません [HOME★9(ほめく)]
ブログを開設している人というのは、色々な思いがあると思います。日記代わりに身辺雑 [続きを読む]

受信: 2005年6月 2日 午前 11時41分

« 来年にもデジタルラジオが始まります | トップページ | 競争激化が招いたJR宝塚線の悲劇(その2) »